SHIINBLOG

ヤングジャンプの漫画作品『真・群青戦記』に関してのちょっとした話題

 

 

ヤングジャンプ『真・群青戦記』第20話より。

ちょっと気になるくだりがあったので、今から軽く紹介します。

 

 

 

 

<ためし読み>

shonenjumpplus.com

 

 

 

『真・群青戦記』という作品の内容を、本当にざっくりと説明させていただくと、

「戦国時代にやってきた現代人や凶悪犯が、戦国時代の人と戦ったりする漫画」なわけですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20210825002522j:plain

 

 

色々あって「目の前に未来人がいる」と知った武田家のみなさんは大盛り上がり!

ミチロウたちを相手に怒涛の質問攻めだ!



 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20210825002534j:plain

 

 

現代事情を知らないがゆえに、的外れな予想をする戦国人たちがじつに面白い。

 

 

 

もしもここで正直に、

「最近だと『ウマ娘』というゲームが流行ってますね~」と言ったところで、この人たちはなんのリアクションも出来ないんでしょうなあ。

 

 

戦国時代の人に約500年後のブームを理解させるのは、かなり難しそうです。

 

 

 

 

 

 

いや~、それにしても「未来からやって来た」というだけで、

こんなに質問攻めされてしまったら、まるで自分が「アレ」になったような気分になっちゃうんじゃないでしょうかね。

 

 

 

 

 

え? 「アレ」って、何かって?

そりゃアレですよ、アレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20210825002549j:plain

 

「ドラ○もん」ですよ。

 

 

 

約500年後の未来(現代)のことを知っているなら、

戦国時代では、どんな人間でも「ドラ○もん」になれる!

 

みんなも、現代社会の知識をたくさん蓄えて戦国時代に行ってみよう!

 

 

 

 

 

ただ、ミチロウ達が過去の世界にやって来てしまったことで、

それこそ『ドラ○もん』を読んでいる人ならお馴染みの現象「タイムパラドックス」がこの世界にも起きてしまったらしく、

 

 

その結果、『真・群青戦記』の本編のほうは、

今ちょっと大変なことになりつつあるのですが、それについては本誌のほうでご確認くださいということで。

 

 

 

 

というわけで、今日の話題は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【おまけの話題】

 

上記の『真・群青戦記』第20話が掲載された「ヤングジャンプ2021年32号」での、

目次質問コーナーのお題が「印象的なロゴマークやアイコン、デザインなどを教えてください!」というものだったのですが、

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20210825002602j:plain

 

 

その中で、『青年少女よ、春を貪れ。』の山田シロ彦先生が、

ドラえもんです!」との回答を寄せていました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20210825002623j:plain

 

 

ちなみに、この号ヤングジャンプ2021年32号)での『青年少女よ、春を貪れ。』は、

このエピソードが登場した回でもあったりしました。

 

 (※『青年少女よ、春を貪れ。』を読んでいる人なら誰でもピンとくる画像

 

 

 

 

 

   f:id:genshiohajiki:20210825002633j:plain

 

最終ページの柱コメントに猛烈な悪意を感じる!