SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその137】かんたんかわいいキャラクターべんとう ポケモンと人気者たち

 

かんたんかわいいキャラクターべんとう ポケモンと人気者たち

 f:id:genshiohajiki:20180513055323j:plain

出版社:小学館

初版発行日:1998年4月10日

定価:950円(税抜)

全90頁

 

 

先日富山県に行った際に見つけた、お弁当のレシピ本。

今でいうところのキャラ弁のつくりかたが、たくさん紹介されています。

 

20年前の本ですが、お弁当のレシピ自体は使おうと思えば今でも使えるんじゃないかと。

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513060007j:plain

そして自分は、

この本の表紙に写っているドラえもんが気になってしまったので、つい購入してしまいました。

弁当作る気は今のところ皆無。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513060408j:plain

 

 f:id:genshiohajiki:20180513060514j:plain

 

この本では、表紙のドラえもん弁当以外にも、

ドラえもんをモチーフにしたさまざまな弁当のレシピが写真つきで紹介されているので、

あまり料理やらない人でも、それなりの見ごたえはあるかと思います。

みなさんは、どのドラえもん弁当を食べたいですか?

 

 

アニメ『ドラえもん』でも一時期、ドラえもんキャラ弁の作り方を紹介する『宝島クッキング』という企画が放送されていたのですが、

ドラえもんの体の色を表現するために「青いふりかけ」なる謎の食材が使われていたことが強く印象に残っています。

 

この本のレシピの中に、この謎の食材を使っているお弁当はひとつもなかったので、

おそらく「青いふりかけ」というものは、ここ20年のうちに発明された新しい食材なんでしょう。

 

この20年でキャラ弁も進化しているんですねえ。

この本も、20年前のキャラ弁文化が知れる歴史的な資料といってもいいのかもしれませんな。

 

 

 

本の内容自体は、1998年当時大ブームを起こしていたポケモンキャラ弁レシピが中心になっていましたが、

他にも、クレヨンしんちゃんアンパンマンなどといった人気キャラクターのレシピも収録。

 

 f:id:genshiohajiki:20180513084556j:plain

懐かしいところだと、

当時放送中だった星獣戦隊ギンガマンキャラ弁レシピも載っていたりするところに時代を感じます。

これやってたのって、もう20年前の話なんですね。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513085206j:plain

当時モノとしては、ファンファンファーマシィーの姿も。

これも20年前ですか。やってたな~。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513085749j:plain

ぽぷりちゃん弁当。

これ30代前後の人にとっては、たまんないんじゃないですかね。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513090423j:plain

巻末には、キャラ弁づくりに使えるキャラクターの型紙もついていたのですが、

前の所有者の手によって、ステキな着色がほどこされていました。

塗り絵だと勘違いしたのかな?

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513091148j:plain

でも、意外とうまい。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180513091325j:plain

こわい