SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(暴走ランナーパパ&カルガモエッグ)

 

  2017年6月16日放送分  ネタバレ注意!

 

●ドラドラニュース●
先週はお休みだったOP企画「きみがもう一度見たいお話」4週目。
今週はのび太を愛した美少女」「さようならドラえもんの2つのみ。
この前まで4本くらい映像流してたのに、急に少なくなったぞ!

 


暴走ランナーパパ(コミックス17巻収録)
父の日直前!ということでのび太のパパ・野比のび助が主役のお話。
原作にもある「ムリヤリトレパン」の回を題材にした内容だ。

早朝ランニングを始めようと新しいトレーニングパンツと運動靴を買ったのに、たった3回でやめてしまったパパ。
息子譲りの飽きっぽさだが、ランニングをやめた言い訳も「またそのうち走るよ。天気が良くて、どこも痛くなくて、健康になったら」と息子譲りの屁理屈である!

 

そんなパパに、健康のためランニングを続けて欲しいと願うのび太君。
「パパにいつまでも元気でいて欲しい」という理由なのかと思ったら、「病気で働けなくなったら(自分が)暮らしに困る」といった理由だったのが少し気になるが、
それを知ったドラえもんは「ムリヤリトレパン」なる道具を四次元ポケットから取り出します。
これを履くと、走りたくなくても走らずにはいられなくなるという恐怖のトレパンであり、
のび太のパパも息子ののび太から「騙されたと思って」と言われ、文字通り騙されてそのトレパンを履いてしまいました。

 

すると、その直後にゴルフバッグの中に隠していたへそくりがママに発覚!
黙ってへそくりをしていたことをとっちめようとやってきたママに気付いたパパはあわてて逃走を図るのでした。

こうして、ムリヤリトレパンによるパパの無限ランニング地獄が始まった!
へそくり逃走をやめようとしたパパですが、イヌのしっぽを踏んでしまったことでまた走り出し、
木に登ることでイヌから逃がれられたと思ったら、今度は大量のハチに襲われ、走るのをやめることができない・・・。
まさに地獄だ!
「へそくり→犬→ハチ」と、走るのをやめたら命の危険にかかわってくるレベルが地味に上がり続けているのもまた地獄である!

この道具を出したドラえもん曰く、「1度あのトレパンを履いたら10キロは走り続ける」とのこと。
運動不足の人がいきなり10キロも走り続けて、心臓発作とか起こしたりしないか心配である。

 

さらにアニオリ要素として、
のび太君にドラえもんは足が短いからトレパンが履けない」と煽られてトレパンを履いてしまったドラえもん無限ランニング地獄に参戦!
こちらは、ネズミを見てびっくりしたことから始まり、
坂を転がるベビーカー(中は買い物袋だけだったので赤ちゃんは無事)を止め、
そしてその赤ちゃんが持っていたネズミのおもちゃで再度びっくりして走り始めるといった具合だ!

「アドベン茶」の時のように、パパやドラえもんに次にどんなハプニングが起こるかのドタバタ展開を楽しむ内容となっています。

 

その後、パパと合流したドラえもんは、
都合よくコンサートホールから出てきたアイドルファンの大群から逃げ出したり、大量の毛虫にびっくりして走りだしたり、
屋上から落ちそうになっている人(実は看板)を助けたり、どこでもドアで逃げた先のつり橋がボロボロだったので再び逃げたりしたあげく、
最終的には、逃走中の強盗から逃げている途中でムリヤリトレパンを脱ぎ、下半身パンツ丸出し状態ながら無事ランニング地獄から抜け出すことに成功しました。

 

そして、ラストは原作通りあんなトレパンを履かせたのび太君をパパが追いかけ回すオチ。
「ムリヤリトレパンの力はすごいなあ。捨てられたのにまだ走ってる」というドラえもんの言葉で締めました。

 

 

●ドラドラニュース●
来年3月公開予定の映画「のび太の宝島」情報がTVアニメでも解禁。
ネットニュースやコロコロコミックで既に発表済みとはいえ、随分とあっさりな告知ですね。

 

 

カルガモエッグ(アニメオリジナル)
学校への忘れ物に悩むのび太君のもとへ、買い物した商品を後ろに従えて歩くドラえもんがやってきた!
ドラえもんが使ったのはカルガモエッグ」というタマゴの形をしたひみつ道具で、
鳥の持つ「刷り込み」をイメージした道具であり、この中に無生物のものを入れると最初に目にした人の後ろをカルガモの赤ちゃんのようについてくる未来の便利グッズである。

 

それを知ったのび太君。さっそく忘れ物防止対策として学校へ持っていくもの全てをカルガモエッグに入れて刷り込み。
ランドセルもカルガモエッグで刷り込みさせたので、翌日の学校への道を手ぶらで行けるようになりました。
一見ラクチンっぽく見えますが、体育着や教科書を地面の上で歩かせたら汚れがついたりしないのだろうか?
あと、他の人から注目を浴びてちょっと恥ずかしいという欠点もあるぞ。

 

さらにこのカルガモエッグで刷り込ませたものは性格にも個人(?)差が出てくるようで、
筆箱くんは他の荷物よりも臆病な性格で、歩くスピードも遅かったりと冴えない様子が目立ちます。
そんな筆箱に対してのび太君も初めはイライラしていましたが、他者よりも劣る筆箱の姿に自分を思い出してしまったのか手厚く面倒を見だしたのび太君。
その結果、普通にランドセルに荷物入れて登校するよりも時間と手間がかかってしまっている気もしますが、愛さえあれば関係ないよね!

 

で、このカルガモエッグ。
リセットボタンを押せば元の無生物に戻るそうなのですが、ランドセルくんや筆箱くんの事が愛おしくなってしまったのび太君はそのままにしておくことに。
もちろん、リセットしないとどこへ行っても道具たちが後ろからついてきてしまうので、
のび太君はドラえもんに道具たちを預かってもらい、自分はしずかちゃんのところへ遊びにいくことにしました。
ドラえもんは道具たちを押し入れの中に閉じ込めようとするのですが、あっさり逃走を許してしまい、道具たちもまたのび太君の後を追いかけていく。

 

公園にてしずかちゃんのぬいぐるみをカルガモエッグで動けるようにして楽しく遊んでいたのび太君でしたが、
後から合流してきたドラえもんと道具たちを見て、筆箱くんがいなくなっていることに気づきます。
のび太君とドラえもんが筆箱がどこへ行ったのか探していると、今朝の登校時ものび太君たちを怖がらせていた猛犬に筆箱くんが捕まっている姿を発見。
ここは持ち主であるのび太君が、勇気を出して筆箱くんを救いに行くぞ!

 

犬を起こさないよう、静かに筆箱へ手を伸ばすのび太君でしたが、案の定とばかりに犬が目を覚ましてしまいました。
そして目を覚ましたと同時にのび太君に向かって吠えだす犬! ちょっと動いただけであっさりとちぎれる犬を繋いでいたリード!
リードの拘束から逃れ、自由になった猛犬がのび太君に飛びかかろうとしますが、
彼がその場でうっかり転んでしまったため、のび太君の直線上の向こう側にいたドラえもんが犬に襲われてしまうハメに
ドラえもんはボロボロになってしまいましたが、筆箱くんは無傷だったのでよかったですね。よかったのか?

 

こうして、ひどい目にあったドラえもんのび太君からカルガモエッグを返してもらおうとするのですが、
その瞬間を見はからってジャイアンスネ夫カルガモエッグを強奪!
のび太君のマネをして、自分たちも学校へ持っていくものを刷り込みさせようとするも、
ジャイアンがこの日の家庭訪問の予定をすっぽかしていたことで、学校の先生とジャイアンのママがジャイアンのもとへやってきた!
これに慌てたジャイアンが立ち上がった瞬間、何故かフタのあいていたカルガモエッグの中に吸い込まれてしまう。
さらにジャイアンのママと学校の先生も吸い込まれてしまう異常事態に発展してしまった。

そして、カルガモエッグの刷り込みが終わって出てきてしまった3人の目の前にはスネ夫がいて・・・。

 

カルガモエッグを奪われてしまったドラえもんのび太君が商店街をトボトボ歩いていると、
そこにはピヨピヨ鳴きながらスネ夫の後ろをついてくる3人と、それを気味悪がって逃げ続けるスネ夫の姿が!
さっきまで落ち込んでいた2人もそのおかしな光景を見て、思わず笑ってしまうのでした。おわり。

 

 

■次回予告■
次回の放送は6月23日。
「百年後のフロク」「トゲトローズはご機嫌ななめ」の2本をお送りします。