SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその54】シールであそぼう!ドラえもんわくわくどうぶつえん

シールであそぼう!ドラえもんわくわくどうぶつえん

f:id:genshiohajiki:20160604215612j:plain

出版社:小学館

初版発行日:2014年4月28日

価格:500円(税抜)

全17頁

作画/シンエイ動画

 

 

f:id:genshiohajiki:20160604215817j:plain

付属のシールを貼って楽しむタイプのドラえもん知育えほん。

 

f:id:genshiohajiki:20160604220018j:plain

いろんな場所にいろんなシールを貼って、動物園にやって来たドラえもんのび太君たちと一緒にいろんな動物を見て楽しみましょう。

シール遊び以外にも「めいろ」まちがいさがしのページもあるよ!

 

公式サイトの情報によると、動物園が舞台のこの本にはお子さんの好きな「ぞう」「きりん」などの動物がいっぱい出てくるので、

ドラえもんのシール絵本としてだけでなく動物図鑑としても楽しめるという一面も持ちあわせていたり、

本の大きさもA5サイズと小さく、お手持ちのバックにもすっぽり入るので、

外出時や病院の待合所などでお子さんに読ませる時も幅を取らないというお子さんだけでなく親御さんのことも考えた配慮もなされているそうです。

シール絵本にもこの優しい気配りの数々は流石は小学館といったところ。

 

 

ただ、子供でも子連れでもないただのドラえもん好きの成人男性がこの本を読んだ場合だと、

どうしても絵本の動物たちや本のサイズなんかよりも先にドラえもん達の絵の仕上がり具合の方が気になってしまいます。

f:id:genshiohajiki:20160604221958j:plain 

しずかとジャイアン

 

f:id:genshiohajiki:20160604222259j:plain

列車に乗るドラえもんたち

 

f:id:genshiohajiki:20160604222328j:plain

しずかちゃん。よく見ると抱いているウサギもどことなく・・・。

 

 

 

こういうモヤっとしたドラえもんの絵本のイラストをインターネット上に放出し続けるのがこのブログの主な役割です。

本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。