SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその26】โดราเอมอน(タイ語版ドラえもん)

โดราเอมอน(タイ語ドラえもん

f:id:genshiohajiki:20160325225954j:plain

出版社:ネーション・エドゥテインメント

定価:85バーツ

発行日:不明(後述)

全234頁

 

 

タイ語ドラえもんである!

この本は小学館コロコロ文庫より発売されたドラえもん 恋愛編」を翻訳したもので、表紙がやたらどぎついピンク色なのも「恋愛」をイメージしたものと思われます。

 

出版元のネーション・エドゥテインメント(公式サイトHP)という会社も、

タイ国内で日本の漫画専門雑誌を出版していたりなどもする有名な会社のようで、日本のwikipediaにも個別記事のページがあったくらいです。

ちなみに定価の85バーツは日本円にすると大体270円。日本よりちょっと安い?

 

さて、このブログではこれまでにもイタリア語中国語ドラえもんの本を取り扱ってきましたが、

イタリア語にはアルファベットが、中国語には漢字といった見慣れた文字が出てくるので読めないなりに何となく内容を理解することはできました。

しかし、タイ語よくわからない文字が主体なので本格的に何を言ってるんだかわからなくなってきます。

f:id:genshiohajiki:20160326000359j:plain

「赤いくつの女の子」 より

 

初版発行日を確認するために奥付を見ても、よくわからない文字の羅列ばっかりで頭が混乱してきます。

というより、奥付を見てもいつ発売されたのかさっぱりわかりません。なんだこの言語は!

f:id:genshiohajiki:20160325233058j:plain

タイ語ドラえもん奥付

 

 

えっ?タイ語がわからないんだったら、タイ語ドラえもんを読んでもしょうがない?

いやいや、お待ちを!

タイ語が分からなくても、日本のドラえもんのセリフを覚えていれば大体の意味は理解できるってもんなんです。

f:id:genshiohajiki:20160326001604p:plain

のび太の結婚前夜」より

 

こんな場末のドラえもんブログを見てくださるような方だったら、上のタイ語の文章でも何が書いてあるかだいたい分かると思います。

 

 

今日はせっかくなので、見聞を深めるためにドラえもんの名シーンからさまざまなタイ語を学んでいきましょう。

 

 

f:id:genshiohajiki:20160326002459p:plain

ミイちゃん「ボク オトコ ダヨ」

 

 

f:id:genshiohajiki:20160326002511p:plain

のび太「あ、あ、ありがとう!」

しずか「そばについててあげないと、あぶなくて見てられないから。」

 

 

f:id:genshiohajiki:20160326002525p:plain

しずかのパパ「あの青年は人に幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。」

 

 

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20160326003501p:plain

ジャーン!!(クルッ)

 

 

無理やりオチをつけようと思ってつい貼ってしまいました。ごめんなさい。

なのに、タイ語がわからなくても未来のスネ夫の嫁さんのインパクトは伝わるふしぎ!

あと、擬音もタイ語のものに変わっておりますね。芸が細かいぞ!(おわり)

 

 

【おまけ】タイ版ドラえもん巻末の広告一覧

f:id:genshiohajiki:20160326004200j:plain

 

f:id:genshiohajiki:20160326004238j:plain

 

f:id:genshiohajiki:20160326004308j:plain

イングリッシュコミックスシリーズのタイ語版・・・欲しい・・・・

 

林家たい平の『ドラ落語』 [DVD]

林家たい平の『ドラ落語』 [DVD]