SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【漫画感想】「コロコロアニキ2018夏号」の藤子不二雄先生情報と連載漫画全作品の感想です。

 

6月15日(金曜日)発売のコロコロアニキ2018夏号」藤子不二雄先生情報と連載漫画全作品の感想です。

おそくなったな!

 

 

 

 

では、まずは藤子不二雄先生関連の情報を紹介!

 

 

といきたいところですが、

今号のコロコロアニキ藤子不二雄関連の情報が載ってなかったので、さっそく連載漫画全作品の感想いきます。

 

 

 

あまいぞ!男吾」「なみだめし」休載。

 ちゅうか、今号は「休載のお知らせ」すら載ってなくてどの作品が休載になってるのかすらわからん。どういうことなんだ。

 一応「なみだめし」はまだ終わってない らしいけど、どうなんでしょうか。

 

 

「爆走兄弟レッツ&ゴー!! ReturnRacers!!」(こしたてつひろ)

 ジュンとチイコの女の戦いが勃発だ!
 でも、大人編の時のジュンはまだ独身っぽかった気が・・・・。

 

 

「ハイパーダッシュ!四駆郎(武井宏之 原作/徳田ザウルス)

 キャノンDボールのシステム解説。本当に実現できるのかはおいといて、それっぽい理論を見るのは楽しい。

 Dシステムの「D」って、あの扇風機のDだったんだ・・・。

 

 

星のカービィ デデデでプププなものがたり」ひかわ博一

 今号から新連載&2本立て。
 1本目はプロフェッショナルネタ。2本目はカービィのキャラデザの変遷をネタに。
 作中で24巻の作画崩壊をネタにできるようになったの、ほんと強い。

 

 

・「ポケットモンスター アニキ編」穴久保幸作

 こちらも今号から新連載

 アニキ編になっても、ポケモンのセリフをカッコ内で表示するやり方は変わんないんですね。

 

 

「劇画ガールズ&パンツァー小林源文

 連載第2回。今回はBC自由学園が登場。
 このお話はすべて映画の撮影でフィクションだから、何をやっても大丈夫だ!

 

 

「あるウィクロス初心者がブースターパックを買って出たカードから4コママンガを描く4コママンガ」(大川ぶくぶ)

 ウィクロスのフォーマットが新しくなったそうです。

 フォーマットが変わったらどうなるのとかの疑問が、この漫画では一切説明されないからすごい。

 

 

「コロッケ! BLACK LABEL」樫本学ヴ

 T-ボーンとフォンドヴォー登場。コロッケが親父を殺そうとしている理由が明らかに。
 フォンドヴォーさんは本編でも死んだと思ったら実は生きてたことが何度もあったので、今回もなんだかんだで生きてそうな気もするぞ。

 

 

・「うちゅう人田中太郎」ながとしやすなり

 15年ぶりの復活新作読み切り。絵柄のほうがゾンビーくんにだいぶ寄ってきてるのが気になる。

 着ぐるみネタからさがそうクイズまで、往年のネタを全て取り入れているのはいいですね。

 

 

「Yの箱船」(原作:天樹征丸 漫画:石蕗永地)

 新たなステージは南極じゃなくて北極でした。
 サトルくんが言っていた「北極圏と南極圏の見分け方」はいつか使えそうなので、頭に残しておきたい。
 案内人さんも、すっかり感情豊かになりましたなあ。

 

 

「新日ファンタジー(小田扉)

 SHO&YOH登場。
 ヤングライオンが海外武者修行に行くっての、まだやってたんですねえ。

 

 

「198Xメモリーズ」(井上和郎)

 脱衣パチンコ編。とにかく国体ババアが怖すぎる。

 

 

「コロコロ創刊伝説」(のむらしんぼ)

 ビックリマンチョコ編。
 この頃のビックリマンシールの物語はすべてタンゴ博士が考えてるんだからすごい。

 ラストの「想像もしない事態」って、やっぱりロッチのアレのことなんでしょうか。

 次号でおちよしひこ先生や犬木栄治先生のことに触れてくれるかな?

 

 

「コロコロ時代」萬屋不死身之介

 ビックリマンの思い出。
 ブームになっていた頃は、全国の学校でこんなイザコザが起きていたんでしょうなあ。

 

 

・「怪盗ジョーカー(たかはしひでやす)

 新作読み切りでジョーカーさんが帰ってきた!

 でも、連載終わったばっかりのイメージだから、そんなにアニキって感じがしないなあ。

 今回のお話にプロフェッサー・Cが出てきたのは、やっぱりアニメから入った人向けなんでしょうか。

 

 

「バンバンドリドリ」(ニャロメロン)

 沙綾ちゃんのパン屋をみんなでお手伝い。

f:id:genshiohajiki:20180806024310j:plain

 ファミコンハットリくんネタもありました。

 

 

マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人(原作:マキシマムザ亮君 作画:藤異秀明)

 ファミカセのパッケージのイラストで酒を飲む。
 冒頭の「コロコロアニキの読者とジェネレーションギャップ感じてるんだよ!」のくだりに完全同意してるアニキ読者はけっこう多そう。
 「84」は場所非公開の完全会員制のお店だけど、結構いろんな雑誌やマンガで取り上げられてますよね。

 

 

「バディファイト ホーリー異伝」(吉田正紀)

 タイトルも新たに新連載
 主人公の女の子が見るからにあざといけど、それがいい。
 この物語は、リリーさん以外の毎回登場人物が変わるオムニバスものなんでしょうか。

 


「装甲娘」河本ひろし

 新連載2回目。トウモト・ケイ登場。
 連載はまだまだ続くけど、ゲームのほうは長期メンテナンスに入るとのこと。なんじゃそりゃ。
 同じコロコロ系列だし、このキャラもマンガに出してくれないかな?

 

 

爆転シュート ベイブレード ライジング」(青木たかお)

 日本大会決勝戦もついに決着。カイ君があの頃のカイ君に戻っていて良かったです。

 物語の都合上仕方ないけど、日本代表もロシア代表も全員変わり映えしないメンツだ!

 

 

「ゴーゴーゴジラッ!!マツイくん」(河合じゅんじ)

 メジャースタイルを目指すの巻。トランプ大統領ネタもあり。

 河合先生の描く野球選手の似顔絵は相変わらずそっくりだからすごい。

 


 ・「死.tv」(カネダカズヤ)

 連載再開。いつの間にか野球漫画みたいになってきました。

 ダメージを受けると登場人物たちの服がどんどん破けていくのは、装甲娘と同じ理屈だ!

 

 

「でんぢゃらすリーマン」曽山一寿)

 偏見について。
 アニキ掲載だからとはいえ、この作品でカイジパロディが出てくるのはめずらしい。

 

 

「恥辱の放課後アンケート ~初体験女子高生と女教師~」(櫻井エネルギー)

 今号は誰がくるのかなと思ってたら、2号連続で櫻井エネルギー先生が登場。
 絵柄のタッチも、いつもとちょっと変えてきていますね。

 

f:id:genshiohajiki:20180807051040j:plain 

 

f:id:genshiohajiki:20180807051132j:plain

自分用。

 

 

 

感想は以上です。
次号のコロコロアニキは、2018年9月15日発売予定となっております。おしまい。