SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【漫画感想】今月の少年エース8月号のケロロ軍曹の感想とか目次コメントの話とか

 

少年エース8月号掲載ケロロ軍曹の感想です。

 

渋谷タワーレコードにて、8月10日(金曜日)から始まるケロロ軍曹生誕20周年記念原画展のタイトルは「ケロロ展 IN AREA 428」に決定したとのこと。

「渋谷」でエリア428・・・一体どういう意味なんだ・・・。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180711234030j:plain

ケロロ軍曹 第274話「ケロロとモミ・・・の巻」

 

 

先々月からギロロ回、タママ回と続いていたので、

今月はドロロ回かクルル回かと思っていたら、まさかのケロロ回だった。

 

今回のお話には新ケロロも出ているので、実質新ケロロ回も兼ねているといってもいいのかも。

 

 

 

軍曹からは「ビルドダイバーズ」発言もあったりしたので、

ガンダムファンの人は、今月の「ケロロ軍曹」をチェックしてみたほうがいいかも。

誰かさんが「かわいい女の子キャラのアバターとか選んじゃって!」と特定の人をディスってくるところにも注目だ!

 

 

 

そして、前述の「誰かさん」こと、ケロロの宿敵・ヴァイパーモミも久しぶりに登場だ。

 

ケロロ軍曹」では最近出てきたキャラのイメージだけど、

たしか毎年やっている干支回でヘビ年だった年に初登場したキャラなので、そこそこ昔のキャラなんですよね。

もう、あれから5年の月日が流れているという恐怖!

 

 

 

宿敵相手なので、かなりハードな展開になるのかと思いきや、

物語自体は、ヴァイパーモミが新ケロロの遊びに付き合ってあげるという非常にほのぼのとした内容で終わっていった。

 

ケロロが出てくる回は大体ほのぼのとした内容になるから、いいですね。

 

 

そして今月のケロロ軍曹9ページしかなかったので、感想も短めでおしまいです。

ページ数少な目パターンの回、ここ最近では久しぶりな気がする。

 

 

 

 

で、今月の例のアレ。

 f:id:genshiohajiki:20180712001300j:plain

29巻感想への謝辞とか、ケロロ展の話とか。

 

 

 

 

ケロロ軍曹の感想がちょっと短めに終わったので、たまには少年エースの他の連載作品の話も。

今の少年エース異世界を舞台にした作品が本当に多い。

 

 

 

川村拓『七億円を手に入れた僕にありがちなこと。』は今月で最終回。

七億円は結局寄付することに決めたようです。「身の丈に合った生き方が大事だ」ってことがこの作品の言いたかったことなんでしょうかね。

 

 

今月から新連載の『Bestia』は、ロンドンを舞台にした「幻獣」と少年の物語。

この世界の幻獣とやらは、一匹つかまえるたびにみんな全裸幼女になるんだろうか?

百匹全部捕まえたら、すごいことになりそうだ。

 

 

雰囲気が気になっていたので読んでみようかなーと思ってた『また、片想う。』が、来月で最終回になるらしい。

ちょっと悲しい。今からでも読んでおこうかな。

 

 

元ネタとなっている「パノラマ島奇談」を読んでいないので、どこまでがえすの先生の考えたネタなのかはわからないけど、

『探偵明智は狂乱す』がなかなかすごい展開になってきた。

首はすげ替えたって、ことなのか?

 

 

『父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ』

無免許デスゲームであろうが逃げれないって、ただただ純粋に怖いぞ。

こういうの、警察はどうやって取り締まっているんだろうか?

 

 

 

そして、今月の『オモテナシ生徒会』もすごい!

 f:id:genshiohajiki:20180712004203j:plain

水木しげるタッチで描かれる、抜群の闘牌描写に震えろ!

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180712004514j:plain

物語は、一気に終局へと向かう。

本当にこの漫画は自分じゃなくて、誰か麻雀に詳しい人の手で毎月レビューしてもらいたいです。

識者の解説が読みたい。

 

 

 

そんなわけで、今月は以上です。

次号の少年エース9月号は、7月26日(木曜日)発売ですよー。

 

ケロロ軍曹 (29) (角川コミックス・エース)

ケロロ軍曹 (29) (角川コミックス・エース)