SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその104】ミクロ館発コンプリート目録マガジン コンプREX 第8号

 

ミクロ館発コンプリート目録マガジン コンプREX 第8号

f:id:genshiohajiki:20171023220446j:plain

発行日:2017年5月6日

定価:800円(税込)

全82頁

 

キン消しなどのキャラクター消しゴムや、さまざまなキャラクタープライズ商品などを扱う中野まんだらけミクロ館で売られている小冊子。

今号はコロコロコミック掲載マンガ 塩ビ&駄玩具特集」ということで、ドラえもんをはじめとする藤子系キャラの消しゴムを前面に押し出した表紙となっています。

で、その藤子キャラたちの表紙に釣られて、自分はついついこの本を買ってしまったわけですね。

 

ドラえもんが表紙の雑誌には、どんなグラビアアイドルも太刀打ちできないほどの訴求力があります。(個人の意見です)

 

 

 f:id:genshiohajiki:20171023221727j:plain

本を見てみると、巻頭から10ページにわたってドラえもんをはじめとする藤子不二雄作品のキャラ消しの写真がズラリ!

今の時代ではなかなか出せない、非常にグッとくる造形のドラえもん達が勢ぞろいだ。

 

この本は800円と小冊子にしては少々お高めの値段でしたが、

掲載されているドラえもん他のキャラ消しを実際に全部集めようと思ったらとても800円じゃ済まないと思うので、

これらのキャラ消しの画像を見ることで、ドラえもんのキャラ消しをコンプリートしたい!」という支配欲を実際に集めずとも満たせると思えば安い買い物なのかもしれません。

 

この手のコレクションは集めるとキリがないですからねえ。モノによっては人生が破滅する可能性もある。

 

 

そして、キャラ消しだけでなく、台紙の画像も掲載されていました。

 f:id:genshiohajiki:20171023222925j:plain

だいぶ写真がブレちゃいましたが、まあ大体どんなものが描かれているかわかりますよね。

キレイな画像が見たいって人は実際に本誌を買ってみてね。(丸投げ)

 

 

そして、この本に載っているキャラ消しの大半は、まんだらけ主催のオークションで買うことも出来るのですが、

この記事を作成している時点でこのキャラ消しが出品されるオークションの開催日はとっくに過ぎてるので、

今となってはキャラ消しの図鑑として見るくらいしか活用方法はありません。あしからず。

 

 

この本には、藤子キャラ以外にも「つるピカハゲ丸」や「超人キンタマン」など様々な懐かしのコロコロ作品のキャラ消し・プライズ商品の写真が載っていたり、

ビックリマン」「わ~お!ケンちゃん」の作者である竹村よしひこ先生のインタビュー(プロデビューのきっかけが寺田ヒロオ先生だったという逸話も)があったりするので、

内容に興味を持った方は、まんだらけミクロ館へ行った際にちょっとでも手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

【おまけ】

f:id:genshiohajiki:20171023225423j:plain

よく「まんだらけZENBU」とかで、上の写真みたいなの商品紹介画像を見かけるけど、

こういう写真があるってことは、まんだらけ本社のどこかに薄暗いスタジオの中で何百個もある商品(オークション出品用)の写真を毎日もくもくと撮り続けている人たちがいるんだろうなぁとつい想像してしまう。

自分のイメージの中だと、かなりしんどそうな仕事に思えますが、実際のところどうなんでしょうかねえ。はい。

 

まんだらけZENBU no.82 ブリキバス特集

まんだらけZENBU no.82 ブリキバス特集