SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその51】大山のぶ代の毎日のおかず―安い!簡単!おいしい!そして体によい!

大山のぶ代の毎日のおかず―安い!簡単!おいしい!そして体によい!

f:id:genshiohajiki:20160527014449j:plain

出版社:グラフ社

発行日:平成12年9月10日

価格:952円(税抜)

全82頁

 

ドラえもん」等の声優業のみならず、理研究家としての一面も持つ大山のぶ代さん。

そこで本日は、大山のぶ代さんが料理研究家としてこれまでに発売された数々の料理本の中から大山のぶ代の毎日のおかず」という本を紹介します。

理由は後述しますが、僕は大山のぶ代さんが出した料理本のほとんどを所有していますが、その中で一番のお気に入りなのがこの本なんです。

表紙も太い棒状のものを握りながら笑顔を浮かべる大山のぶ代さんが特徴的な一冊!(お下品)

 

バカな事言ってないで話の本筋に戻ります。

この本は版型(サイズ)がこれまでに出た大山のぶ代さんの料理本と比べて大きく、いわゆるよく本屋さんで売っているレシピ本と同じくらいの大きさとなっております。

f:id:genshiohajiki:20160527022323j:plain

てんとう虫コミックスとのサイズ比較

 

 

f:id:genshiohajiki:20160527024253j:plain

中身の方も、一見何のへんてつもないレシピ本に見えますが、

画像を見ればお分かりのとおり、全ページにオールカラー写真付きな上に、

材料の分量も全て大山のぶ代さん本人から聞いたレシピそのままのものを採用。

さらに、この本に載っている料理の写真は全て大山のぶ代さんが実際に目の前で調理したものを撮影しているといった豪華な仕上がりとなっています。

つまりこの本を入手して、この本のレシピ通りに料理を作れば、いつでも大山家の味が再現できちゃうというわけですね。

大山のぶ代ファンならこれだけでも絶対に買う価値があると言えます。

 

そしてこの本の一番の魅力は本を数ページめくるごとに料理を作っている最中の大山のぶ代さんの写真が載っているということでしょう!

見てください、この写真の数々を!

f:id:genshiohajiki:20160527024628j:plain

イカの下処理をする大山のぶ代さん

 

f:id:genshiohajiki:20160527024807j:plain

ウドを手に持ち、カメラに向かって笑顔を見せる大山のぶ代さん

 

大山のぶ代さんのこのような半プライベートなお写真というのはなかなか珍しいと思いますし、

もしも大山のぶ代さんファンの中でこの本を持っていないという人がいたら、それは確実に損をしているぞと言い切れます。それぐらいの出来です。

もちろん、本来のレシピ本としての実用性も兼ね揃えているので、料理を始めたばかりのお母さん方が見てもじゅうぶん参考になる一冊ですよ。おススメ。

 

大山のぶ代さんの出した料理本はこれ以外にもまだたくさんあるので、このブログでも紹介できたらいいなーと思っています。

ドラえもんの声優さんが出した料理本なんだからドラえもん本」として語ってもいいという理屈です。

 

あと、今の女性声優さんがこんな感じのレシピ本を出しても結構売れそうな気もするのですが、どうでしょうかね?