SHIINBLOG

【自分用】今後発売予定の藤子不二雄関連本発売日カレンダー(最終更新:9月3日)

藤子不二雄関連本の発売予定日まとめ。何か抜けがあったら教えてください。

 

参考サイト

紀伊國屋書店

Amazon

小学館公式サイト

小学館マイファースト・ビッグ公式サイト

ドラえもんチャンネル|本の紹介

 

2019年

 

■9月

9月27日:プロゴルファー猿グリーンの一匹猿 (SPコミックス SPポケットワイド

9月27日:ドラえもんファーストブック ど・ど・ど・ど ドラえもん

9月27日:MFBドラえもん「びっくり!?ドッキリ!?いえ、マジです!!編」

■10月

10月15日:ドラえもんの体育おもしろ攻略 とべる!なわとび

10月28日:プロゴルファー猿 サルVSドラゴン: SPコミックス リイドカフェコミックス

 

 

※太字になっているタイトルは、個人的に気になっている藤子不二雄関連本です。

9月17日のテレ玉「アニメ40's(第13回)」感想(プロゴルファー猿&忍者ハットリくん)

プロゴルファー猿

第25話「狙撃手は旗を狙う!」

第26話「封じられた旗つつみ」

 

忍者ハットリくん

第111話「夢子ちゃんにツバメのプレゼントの巻」

第112話「パパ上の書類は飛ぶのでござるの巻」

第113話「映画はこりごりでござるの巻」

第114話「ケムマキマンモスを掘りだせの巻」

第115話「神様のえこひいきの巻」

第116話「逃げた風船はどこにの巻」

第117話「夢子ちゃんのおひな様の巻」

第118話「獅子丸のいびきは100ホーンの巻」

第119話「とんだアルバイトでござるの巻」

第120話「うさぎになった獅子丸の巻」

第121話「舞い込んだラブレターの巻」

 

 

 

 

テレ玉藤子Aアワー第13回の感想です。

先週は「Tリーグ中継・T.T彩たまVS木下マイスター東京」の放送でお休みだったので、2週間ぶりの放送となりました。

 

 

そして次回の放送は10月1日ということも明らかになりました。また休みか!

 

 

 

 

 

 

今週のプロゴルファー猿は、

SWATのスナイパーという異色の経歴を持つ男・スナイパージョーが登場だ!

 

元SWATだから、服にも「SWAT」と書いてあるぞ! わかりやすい!

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190917233250j:plain

 

スナイパーらしく、ゴルフクラブにもスコープをつけているというこだわりようである。

今回は登場しなかったけど、もしかしたら他のクラブにもスコープがついているのかもしれない。

これでパターにまでスコープがついていたら、彼はホンモノだと思います。

 

でも、流石にそこまでいったら完全にギャグになってしまうぞ。

 

 

 

猿の得意とする「旗包み」を妨害するなど、少々怪しい点も見受けられましたが、

スナイパージョーは相手とのフェアプレイを望んだり、試合後は猿の勝負強さを称えたりするなど、普通にいい人であった。

 

 

ミスターX率いる「影のプロゴルファー」はキャラの濃い人たちが揃っていますが、

見た目はアレでも、性格までアレな人というのはそんなにいない気がします。

 

紳士のスポーツであるゴルフをプレーする者として、

影のプロゴルファーは、ミスターXのお眼鏡にかなうほどの紳士・淑女な人しかなれない決まりがあったりするのかもしれない。

 

 

でも、その審査基準だと、

ミスターX自らが誘いをかけている猿丸が紳士な性格でないといけないので、やっぱり違ってそうだ。

でも、猿丸も性格イケメンなところがあるので、ミスターXはそこを評価しているのかも。

 

みんなもゴルフをするときは、影のプロゴルファーになれるくらいの紳士的プレーを心がけよう!

 

 

 

 

 

今週の『忍者ハットリくんも、いつものごとく豪華11本立て。

 

 

 

第111話は「夢子ちゃんにツバメのプレゼントの巻」というタイトルですが、

出てくるのは女忍者のツバメちゃんではなく、空を飛ぶほうのツバメ(燕)が出てくる回です。

 

ケムマキが虫取り網で親ツバメを捕獲したりと、いま放送したら動物虐待とかでクレームがつきそうな内容ではあった。

このテレ玉の再放送では、ツバメちゃん(女忍者)はいつごろ登場するんだろう?

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918001051j:plain

 

第114話より。どこかがまちがっているような・・・。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918001224j:plain

 

第117話より。

夢子のママはデフォルトで白目と黒目が逆転してるところがこわいと思う。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918001640p:plain

 

夢子ママと見た目が似た感じの人

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918002105j:plain

 

第119話「とんだアルバイトでござるの巻」と第120話「うさぎになった獅子丸の巻」は、

物語の展開がそこそこにぶっ飛んでいた回だったので、かなり楽しめました。

 

ちなみに上の画像は、「ウサギになった時の獅子丸」のようすです。

とくに第120話は、微妙に作画がおかしかったことも相まって、かなり印象的な回に仕上がっていた気が。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918003124j:plain

 

今週のサムネ用画像

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918003208j:plain

 

こっちをサムネ画像にしてもよかったかもしれない。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190918003315p:plain

 

あと、ハットリくん視聴中は

Twitter「アニメに出てきたハットリくんの忍法の名前」をつぶやき続ける遊びもしていました。

意外とたのしかったので、また次回もやろうと思います。


 

 

そして、この記事の冒頭でも言いましたが、

次のテレ玉藤子Aアワーの放送日は2週おやすみを挟んで、10月1日(火曜日)の放送となります。

 

アニメドラえもんも10月まで休みですし、この9月は藤子アニメ不足な月になりそうな気がします。

うーん、まいった・・・。

 

 

 

 

9月18日のドラめくり

f:id:genshiohajiki:20190913231853j:plain

 

自分と同じ戦場に立つと申し出る響に対し翼は、常在戦場の意志の体現、 アームドギアを構えてみせろと詰め寄る。

戸惑うばかりの響。 装者同士が激突しかねない状況を回避できたのは、割って入った弦十郎の活躍であった。

その日からひと月近くが経過するものの、響と翼の間に横たわる溝は埋まる様子はなく、 頻発するノイズへの対応に心を磨耗させるばかりであった・・・

つかの間の日常。疲労から小テストで及第点すらも取れなかった響は、 未来に手伝ってもらいながらレポートまとめにいそしむ。

それは、2人で交わした、流れ星を一緒に見る約束を守るためであった。

 

 

My First BIG SPECIAL『まんが道[立志編 2]』が発売されました。

 

 

 f:id:genshiohajiki:20190916224901j:plain

 

9月13日(金曜日)に、

My First BIG SPECIALからまんが道[立志編 2]』が発売されました。

 

 

 

この巻では、

 

満賀と才野がはじめての上京を果たしたり、後に数々の秘話が生まれるトキワ荘が初登場したり、

銭湯にいった満賀が風呂のぞきの犯人だと疑われたり、

 

満賀が新聞社に勤めはじめたり、才野が会社を一日でやめたり、

高岡大仏前にて満賀が霧野涼子の逢引き現場を目撃、そして・・・。

 

 

などといったお話が載っている巻であります。

 

 

 

 

 

ある意味、この場所もまんが道の聖地といえるのかも。

 

 

 

 

今回のコンビニコミック版のオマケは、

藤子不二雄A先生が、最初にして最後の描きおろし単行本『UTOPIA 最後の世界大戦』について語るコラムを収録。

 

 

このコラム自体は過去の書籍からの再録だったりするのですが、

 

今読んでみても、『まんが道』で描かれていた内容と、

実際の『UTOPIA』執筆時の出来事との違いがわかったりなど、なかなかに興味深い内容でした。

 

 

まんが道は、あくまでも「史実を織り交ぜたフィクション作品」なんですが、

読者目線だとどうしても「『まんが道』で描かれていることはすべて本当に起きた出来事」だと思い込んでしまうところがあるんですよねえ。

 

 

 

じつは自分もその手の失敗を起こしており、

 

以前定塚ギャラリーで「霧野涼子さんのモデルになったとされる女性の写真」を見せてもらった際に、

うっかり「ああ、この人が自殺しちゃったんですか・・・。」と言ってしまったことがあります。

 

話によると、モデルとなった方はその後もしっかりと生きておられたそうです。

あの時は本当にすいませんでした・・・。

 

 

 

 

そんな失敗談はともかくとして、

立山新聞社の図案部の一員として働きはじめた満賀は、この先どうなっていくのか。

 

 

その続きとなるまんが道[青雲編 1]』は、10月11日(金曜日)発売予定です。

お楽しみに。

 

 

まんが道 立志編 1 (My First Big SPECIAL)

まんが道 立志編 1 (My First Big SPECIAL)

 

 ↑『まんが道[立志編 2]』、 何故かAmazonで発売が無かったことにされていました。

 

 

9月17日のドラめくり

f:id:genshiohajiki:20190913231653j:plain

 

胸に生じた衝動が収まると、響は自身に起きた変異に驚愕する。

漲る力と身体に装着されたプロテクターは、いったいなんなのか?

その疑問は晴れなくても、自分に向かって目を輝かせる少女を救うべく、この場からの逃走を試みるが・・・

慣れない力に振り回されるばかりの響を救ったのは風鳴翼であった。

危地より脱した響は、翼と共に特異災害対策機動部2課へと赴き、自分に目覚めた力が2年前に殉職した天羽奏より受け継いだものと知らされる。

この力で誰かを助けられるのならばと、戦場に立つ決断を下す響。

だが翼は、そんな響の屈託のない笑顔が受け入れられなかった。

 



 

9月16日の日記

今日はよく働いたほうだと思う(上司の人に仕事をせかされたから)



ーーーー




きょうの朝。

会社の後輩の人が「踊る大捜査線」の大ファンだったらしく、
「映画もドラマも全部見ました!」と他の社員さんに熱弁をふるっている姿を目撃しました。


どうせなら、
踊る大捜査線」のことがどれくらい好きなのか聞こうかと思ったけど、

自分は踊る大捜査線のことをまったく知らないし、その後輩の人ともそんなに親しくなかったので何も聞かず、そのまま一日が終わりました。


こういうどうでもいい話を書けるのが、ブログのいいところだと思っています。




ーーーー




f:id:genshiohajiki:20190916213222j:plain


Twitterにも貼りましたが、中島史雄作品が充実しているお店を見つけました。
ご査収ください。