SHIINBLOG

今後発売予定の藤子不二雄関連本発売日カレンダー(最終更新:11月16日)

藤子不二雄関連本の発売予定日まとめ。何か抜けがあったら教えてください。

 

参考サイト

紀伊國屋書店

Amazon

小学館公式サイト

小学館マイファースト・ビッグ公式サイト

ドラえもんチャンネル|本の紹介

 

■11月

11月22日:MFBドラえもん「冬の楽しみどれにする!?」編

11月29日:藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん誕生秘話編 

11月30日:愛…しりそめし頃に…   5 ビッグコミックススペシャル

11月30日:愛…しりそめし頃に…   6 ビッグコミックススペシャル

■12月

12月4日:しつもん!ドラえもん 教えて!スポーツ編 - まんがも読める 学べるQ&Aブック

12月5日:ドラえもんの小学校の勉強おもしろ攻略 頭を楽しくきたえる! 推理クイズ 

12月7日:ドラえもんまんがセレクション 世界のふしぎ!スペシャ

12月12日:ドラえもん公式調査ファイル てんコミ探偵団: てんとう虫コミックス

12月14日: ドラえもん ふしぎのサイエンス 月のサイエンス

12月28日:MFBドラえもん「とことん熱中 大作戦!!」編

 

2019年

■2月

2月7日:小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」

 

※太字になっているタイトルは、個人的に気になっている藤子不二雄関連本です。

 

 

『ジモトがジャパン』 第9話「フクイがジュラシック」におけるドラえもん要素を語ってみた

 

 

今週の少年ジャンプ「ジモトがジャパン」は、センターカラー付きの豪華2本立て!

 


 

 

その1本目「フクイがジュラシック」が、かなりドラえもん要素強めな内容だったので今回このブログを通して紹介したいと思います。

そのうち単行本にもこの話は収録されると思うので、気になった人はその時に買って読んでみてくれ!

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117224952j:plain

 

で、そのお話はどういうのかというと、

まずは、恐竜の絵がうまく描けないヒデ(埼玉県出身)のために、1億5000万年前の福井にタイムスリップするという展開から物語が始まります。

 

ドラえもんといえば恐竜。恐竜といえばドラえもん

この時点で、今回のお話は実質ドラえもんだといっても差し支えないでしょう。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117224802j:plain

 

そんな恐竜時代にうっかりタイムスリップしちゃったときに役立つのがこの道具!

「ジモリンガネ」である。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117225651j:plain

 

そのメガネの効果については、いちいち説明するのもめんどくさいので省略しますが、

とにかく、かけるだけでいろんな生き物と喋れるメガネらしいです。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117230410j:plain

 

まあ、ぶっちゃけここまでは、

ドラえもんネタをやるにしてはちょっとネタが弱いかな、と思っていたりもしたのですが、

 

ここで、この漫画のツッコミ担当・安孫子くん(山形出身)がモノローグで「ヒミツ道具」というワードを出し、この回のドラえもん要素を強調していました。

 

 

さすが、藤子A先生と同じ名字を持つ男。

ここぞとばかりに、ドラえもんネタをアピールしてきますねえ。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117232652j:plain

 

そして物語は、

近眼だった恐竜にメガネをプレゼントし、その恐竜を肉食恐竜から守ってあげるというストーリーになっていくのですが、

 

ここは完全に、映画ドラミちゃん「アララ・少年山賊団!」と「ハロー恐竜キッズ」のいいところをリスペクトしてますね。

 

ふたつとも、公開当時は同時上映として公開されたアニメ作品ですが、どちらも実におもしろいアニメ映画であります。

どうせなら、「ミニドラSOS」「青いストローハット」要素も入れてくれればなお良かったんですがねえ。

 

 

「ん、どういうこと?」と思っている人は、今すぐTSUTAYAに行ってこの2作品を借りて見てください。

別にここで解説してもいいんですが、話のネタバレになっちゃうので・・・。

 

 

 

というわけで、今週の「ジモトがジャパン」にはドラえもん要素がたくさん詰まっていました。

 

このブログでは、これからも「作中にドラえもん要素をたくさん入れてくれる漫画」を無条件で応援していきますよ。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181117234741j:plain

 

そして同じ号の少年ジャンプにて、

「最近のジャンプ連載陣の中でドラえもん要素をたくさん入れてくれる漫画」だった田中誠司最終回を迎えてしまいました。

 

このブログでも何回か取り上げていただけに、ちょっと寂しいです。

 

 

<関連記事>


 

 

記事にするタイミングがなくてスルーしてしまいましたが、実は単行本第1巻も買っていたんですよ。

 

総合時間事業会社 代表取締役社長専属秘書 田中誠司 1 (ジャンプコミックス)
 

 

 

  f:id:genshiohajiki:20181118000110p:plain

 

なんか描きおろしでドラえもんネタとかないかなーと思ってコミックスを買ったのですが、

それよりも、あとがきの天塚先生の独白にかなりの闇を感じてしまった。

 

おそらく冗談だと思うけど、ガチで言ってるようにしか見えないよ!

 

 

幕間ページでは作者さんによるキャラクター紹介があったりとか、

来年発売されるコミックス2巻・3巻から「ドエライもん」ネタも出てくるはずなので、興味のある人は単行本もチェックしてみてください。

 

 

 

そんなわけで、本日は「ジモトがジャパン」と「田中誠司」の話題をお送りしました。

ありがとうございました。

 

ジモトがジャパン 1 (ジャンプコミックス)

ジモトがジャパン 1 (ジャンプコミックス)

 

 

 

 

 

 

ドラえもん感想(のび太の流れ星&オーバーオーバー)

 

2018年11月16日放送分  ネタバレ注意!

 

続きを読む

今月のコロコロコミック(2018年12月号)のドラえもん情報。その他漫画の感想とか。

 

【個人用メモ】

・今月の「藤子・F・不二雄名作劇場ドラえもん」は「オモイコミン(コミックス22巻)」。

・「ポケットモンスター」と「スーパーマリオくん」の内容が「料理対決」でシンクロ。

 

 

 

11月15日(木曜日)にコロコロコミック12月号が発売されました。特別定価550円。

今月のコロコロは袋とじが多かったですね。

 

表紙は「にゃんこ大戦争」と「星のカービィ」が目立っています。

 

コロコロコミック 2018年 12 月号 [雑誌]

コロコロコミック 2018年 12 月号 [雑誌]

 

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115223827j:plain

 

今月のドラえもん特集ページは、コロコロでもタイトル発表が解禁された「のび太の月面探査記」情報!

現在公開されている、特報映像からの内容予想が語られています。

 

脚本の辻村深月先生のコロコロ読者へ向けたメッセージなど、ここでしか見れない情報もあるので興味のある方は是非。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115225341j:plain

 

「月の生き物イラストコンテスト」開催のお知らせも。

ここ数年は「キミの考えたキャラが映画本編に登場!」ではなく、パンフレットのみの掲載って方式になってよかったですね。

 

 

さらに、フリューから「のび太の月面探査記」のゲームが2月28日に発売予定とのこと。

ゲーム開発スタッフの人は、来年の映画のおおまかな内容をもう知ってるんでしょうなあ。いいなあ。

 

 

そういえば、今年も映画コミカライズ企画は無いっぽいです。

「メットマン」の連載も終わったし、今年こそむぎわら先生が何かしらやってくれると思ってたんですがねえ。学刈。

 

 

 

 

以下、ドラえもん以外で気になった情報をいくつか。

 

 f:id:genshiohajiki:20181115230338j:plain

 

今月の公式サイト立ち読みは「星のカービィ ~まんぷくプププファンタジー~」

人生初のバイキングレストランで、はしゃぐ大王!

 

今号は武内いぶき先生の描きおろし年賀状が3万名に当たるキャンペーンや、12か月連続でオリジナルステッカーがついてくるイベントが始まったりと、

2019年のコロコロは星のカービィを推すつもりなのかもしれないぞ。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115230918j:plain

 

萬屋不死身之介「まんがで!にゃんこ大戦争が新連載。

ここ数か月は毎号載ってたような気もするけど、今号から正式連載スタートだ!

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115231157j:plain

 

「次世代シューズ アンリミティブ 激走ビルドアップハンドブック!!」というとじ込みふろくの中にて、

高出なおたか先生の描きおろし漫画が登場。

 

靴の宣伝マンガが載るのって、コロコロだとめずらしい気がしますね。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115231710j:plain

 

今月の「怪盗少年ジョーカーズ」は、謎の海賊船が舞台。

むやみに感想を書くと話のネタバレになっちゃうので、あまり内容が語れないパターンの回だ!

 

最後のコマのハチ達、あの存在をすんなりと我が家に受け入れているのがスゴいぞ。

 

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20181115232746j:plain

 

そして、謎の新雑誌の予告まんが(作:石井敬士)が今月のコロコロに載っていました。

ミラコロコミック。

 

「未来のコロコロコミック」がキーワードらしいけど、一体どういう雑誌なんだ?

この冬発売予定とのことなので、次号の続報を待ちたいと思います。

 

 

 

・今月の「欲しい」と思った読者プレゼントの品物の画像を貼るコーナー

 f:id:genshiohajiki:20181115233926j:plain

ニンテンドースイッチ

 

 

 

次号のコロコロコミック1月号は、12月15日(土曜日)発売です。

お楽しみにー。