SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」第1話感想(白昼夢&ご利用は計画的に)

世間では早くも「笑ゥせぇるすまんNEW」第2話が放送されていますし、自分ももう第2話を視聴済なわけですが、今から「笑ゥせぇるすまんNEW」第1話の感想を書いておきます。

タイミングは遅くても書きたくなっちゃったんだからしょうがない。2話感想も早めにアップしますよ。

(※見逃した人でもニコニコ動画を使えば今から第1話が見れる!)

 

 

白昼夢原作:SALE14「白昼夢」)

記念すべき第1話のターゲットはサラリーマンの中島健一(29歳)。

笑ゥせぇるすまんNEW」は若手人気声優さんの起用もウリとなっており、中島役は江口拓也氏が担当している。

中島を誘いに来る坂巻が先輩になっていたり、最後の支払い額が変わっていたりなど、いろいろ変わっているところはあったりしたものの内容はほとんど原作通り。

原作にはないパソコンやスマホが出てくるのも現代っぽいですなあ。

それにしても、BAR「白昼夢」のハルカちゃんが藤子絵にまったく寄せてない美人だったのが少し気になった。美人過ぎて他の藤子絵ホステス達の中で1人だけ浮く結果に!

 

そして展開は喪黒福造も参加してのどんちゃん騒ぎに。

喪黒も「THE BLACK SALESMAN」なる特注&高そうなお酒を持ち込んで酒席を盛り上げる!

原作でも「家庭教師」の回で喪黒がブランデイを持ち込むことでお父さんお母さんの心のガードを緩めるというくだりがあったけど、もしかしてあれも今回と同じ酒だったのだろうか?

喪黒もこういう時の接待用にどっかの酒屋さんと仲良くしていたりするのかもしれない。

 

そんなわけで、お会計49万8000円を支払わされることになった中島たち。

原作ではお支払金額も9万8000円だったので、40万円もプラスされていることになる。

原作は今から40年前のお話だけど、1970年の頃にはもうぼったくりバーって概念はあったのだろうか?

あと、この金額の中には先ほどの喪黒の酒の持ち込み料金とかも入ってそうだ。何故か喪黒もちゃっかりご馳走になっていた。

 

そして、オチで上司に叱られる中島と坂巻。 そもそものお話として、勤務中に酒飲んじゃダメだよなあ。

「(お酒は)ほろ酔いぐらいがちょうどいい」って「笑ゥせぇるすまんNEW」のOPでも言ってたぞ。

あの時喪黒にドーンされなかったとしても、衣服に酒のニオイとか残ってて結局は上司に叱られてそうだ。

 

「白昼夢」は原作でも初期の頃に作られた話なので、世間がイメージしている「喪黒福造がターゲットの人生をメチャクチャにする」という「笑ゥせぇるすまん」のフォーマットとは少し違っている。

なので、そういうオチを期待していた人からは「オチがぬるい」という感想もいくつか見かけられたのが印象的でした。

確かにそういうオチの回に比べれば結構ヌルいオチだと思うけど、仮に自分がぼったくりバーで50万円近く支払わされた上に会社でこっぴどく叱られたと考えてみたらそんなにヌルくもない出来事だと思うぞ。

 

笑ゥせぇるすまん」はブラックなオチも多いけど、よくわからないオチの回もけっこう多かったりするので、アニメの内容に違和感を覚えた人はこれをキッカケに原作を読むとまた違った視点で楽しめるかもしれません。

 

 

 

ご利用は計画的に(アニメオリジナル

Bパートはアニメオリジナル回。原作では珍しい女性がターゲットになっている回でもある。

深夜アニメらしく冒頭で女性の着替えシーンも挟まれた今回の登場人物は31歳OLの高島ミツコさん(演:阿澄佳奈)。

彼女の悩みはずばり買い物依存症」。

会社の後輩たちとの人間関係から起こるストレスを「ブランド品購入」という方法で発散するのですが、

その買ったブランド品を会社の後輩たちに似合ってないとバカにされ、その結果さらにストレス解消としてブランド品を買ってしまう・・・という日々を続けた結果、支払いがカードの限度額を超えてしまうという悪循環に陥っていました。

 

それにしても、この高島さんもまた藤子絵に寄せてないキャラデザである。

同僚のOLたちは藤子A先生を意識したブス揃いだったので、やっぱりキャラクター面で何かしらの意図があるっぽい。

そのうち見た目がまんま今の深夜アニメっぽい女性キャラとか出てくるかもしれませんな。

喪黒にドーンされて、原作にありがちな「急に顔がめちゃくちゃになったりする」みたいなギャップのあるオチを見せて若い視聴者を驚かせたいぞ。

 

そんな彼女を救う?ために喪黒は「BAR魔の巣」にて怪しげなクレジットカードを高島さんにプレゼントします。

喪黒から渡された怪しげなブラックカード

自分だったら絶対に使わないで貰ったフリして帰りに近くの川に捨てると思いますが、

これを使わないと話が進まないので、高島さんはそのカードで次々とブランド服を買い漁っていくのでした。

 

そして翌朝。高島さんの家を謎の回収業者が訪問。その回収業者によって昨日買ったブランド服は全て差し押さえられてしまいました。

なぜか回収業者と一緒に部屋の中に侵入していた喪黒の説明によると、「このブラックカードで買ったものは代金を貰わない代わりに全て翌日には回収されてしまう」とのこと。

要するに、様々な商品を翌日までレンタルできるカードみたいなもんである。

てっきりカード使った分だけ寿命が減るとか、この先貰える給料から天引きされてしまうといったことを予想していただけに、今回の喪黒は結構やさしい。

あの回収業者の賃金も全て喪黒のポケットマネーから出ていると思うとなおさらだ。

 

先の結末に少し触れるかもしれないけど、このカードでソシャゲのガチャとか回しまくったらかなり楽しそうだ。

で、翌朝起きたらせっかく手に入れたレアキャラの顔が全部喪黒になっていたりして。

 

こうして、ブランド品を買う→翌朝回収される→ブランド品を買う→翌朝回収されるの毎日を繰り返していた高島さん。

しかしそんな日々にも嫌気がさしてしまい、「物品ではないエステなら回収できない」と美容目的にカードを使ってしまうのでした。

メイクを変えた事で男性からの注目を浴びてモテモテになった高島さん。

だったら初めからブランド品じゃなくてメイクにお金を注げばあんなことにはならなかったのに・・・。

 

そして翌日。そこにはババアになってしまった高島さんの姿があったのでした。

原作にもよくあるババアエンドだ!

商品は取られなかったけど、代わりに年を取られてしまったというわけですニィ。

そして、ババアにされた上に別に買い物依存症が治ったわけではないというのもツラいですなあ。

ババアにされたストレスでまたエステに行っちゃったりして。

 

東京スカイツリーに向かう船の上で助六寿司を食べつつ、「洋服、宝石、そして若さ。何かを手に入れるためには相応の代償は払わなければいけませんよ。ホーッホッホ」と喪黒氏。

彼は東京観光の途中だったのだろうか? といったところで第1話はおしまいです。

 

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌シングル

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌シングル

 
TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌「Don't(TV-size)/ドーン!やられちゃった節(TV-size)」

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌「Don't(TV-size)/ドーン!やられちゃった節(TV-size)」