SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその92】ドラえもんまんがセレクション アメトーーク!スペシャル

ドラえもん本レビュー

ドラえもんまんがセレクション アメトーーク!スペシャ

f:id:genshiohajiki:20170303011518j:plain

発行日:2017年3月5日

出版社:小学館

価格:500円(税込)

全300頁

 

 

これまで「アメトーーク!」で放送されてきた「ドラえもん芸人企画」の総まとめ的一冊。

マイ・ファースト・ビッグでは珍しいB5版の平綴じ。週刊誌サイズです。

収録内容については全部書いてたら大変なので、公式サイトにあったやつを転載。けっこうあります。

ドラえもんまんがセレクション
バイバイン    8
ドラえもんだらけ    16
恋するドラえもん    32
ドラえもんに休日を!!  40 
ぼくの生まれた日    50 
無人島へ家出    60  
な、なんと!! のび太が百点とった!!    76
ねむりの天才のび太     86          
ポータブル国会     98
ドラえもん おもいでのアルバム   108
さようなら、ドラえもん    110
帰ってきたドラえもん     121
大氷山の小さな家     134
しずちゃんの心の秘密     146
めだちライトで人気者     156
しずちゃんさようなら     166
きこりの泉       179 
フィーバー!! ジャイアンF・C     186 
大人気! クリスチーネ先生       196
<特別収録> 映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険《ギャグ編》』 208
ウラオモテックス 217 
ラジコン大海戦  224 
進化退化放射線源  246
未知とのそうぐう機  256
のび太が消えちゃう?  268
<特別収録> ドラえもんがいなくなっちゃう!?   282

◆2007-2017ドラえもん芸人ドラトーーク!プレイバック 3
ドラえもん芸人最新回 4 
ドラえもん芸人第1回・第2回 6 
のび太ほっとけない芸人 295 
スネ夫にくめない芸人・ジャイアン心の友芸人 296
しずかちゃん大好き芸人・のび太のパパママ芸人  297

雨上がり決死隊からのメッセージ  30

ぼくドラえもん芸人   
有野晋哉(よゐこ)49 / 川島明(麒麟)75 / バカリズム120 / 
博多大吉(博多華丸・大吉)133 / 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)178 / 
高橋茂雄(サバンナ)206 / 織田信成245

収録されているのは、全てこれまでの「ドラえもん芸人企画」で話題に上がったものばかり。

今年の映画公開に合わせ、「しずかちゃん大好き芸人」でピックアップされた「大氷山の小さな家」もセレクトされているのがいいですね。

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170306024335j:plain

漫画の枠外には、ドラえもん本編のつっこみどころに触れる「ドラ芸人の声」という副音声的なお楽しみ要素もアリ。

一度見たお話でも、この副音声によって新たな面白シーンが見つかるかも?

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170306024720j:plain

さらに、特別収録として千原ジュニア氏おすすめの幻の最終回ドラえもんがいなくなっちゃう!?」も掲載。

日本テレビドラえもんの最終回の元ネタになったお話でもあります。

これまでのMFBドラえもんでも載っていなかった回ですし、今読もうと思ったら藤子F 全集を買ったりしないと読めない作品ですので、この掲載は結構貴重ですよ。

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170306025213j:plain f:id:genshiohajiki:20170306025247j:plain

この本の資料的価値としては、これまで「アメトーーク!」で行われてきた「ドラえもん芸人企画」のおさらい記事が掲載されていたり、

ドラえもん芸人のリーダー・サバンナ高橋氏が協力しているという関係で、コロコロコミックにて連載中ののび太の南極カチコチ大冒険《ギャグ編》」が第1話から最新の第4話まで載っていたりするぞ。(第5話は今月発売のコロコロに掲載予定)

特に「ギャグ版~」はページ数の都合でたぶん単行本化しないと思うので、この雑誌が手に入る今のうちに買っておいて保存しておくのがベターかと思われます。

500円でこれだけの内容が詰まっているなら買って損はないですよ。

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170306031024j:plain

そしてこの写真からわかるように、

我が「ドラえもん」は長年に渡る「アメトーーク!」とのコラボ企画の実現によって強固な友好関係が結ばれたようです。

どうでもいいですけど、藤子F先生のSF短編「ボクラ共和国」にこんなシーンありましたよね。

 

テレ朝を代表する人気番組と太いパイプでつながった「ドラえもん」。

これからもお互い良い関係を築いていきたいですし、アメトーーク!もあと100回くらいはドラえもん芸人企画をやってほしいですね!