SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその22】0さいからのドラえもんはじめてずかん えいごつき

0さいからのドラえもんはじめてずかん えいごつき

f:id:genshiohajiki:20160313031200j:plain

出版社:小学館

発行日:2016年2月22日

定価:950円(税抜)

全26頁

絵:さとうゆか キャラクターイラスト:坪井裕美

 

 

 

映画「ヘイトフルエイト」を見に行った帰りに売店を覗いていて偶然発見した本。

先月に発売されていたこと自体は知ってたけど、どこの本屋さん行ってもこの本が置いていなかったのと、

表紙含めて26ページしかないのに値段が950円(高い)もするという理由で買うのを回しにしてたんですよねぇ。

 

f:id:genshiohajiki:20160313040606j:plain f:id:genshiohajiki:20160313040621j:plain

内容はこんな感じ。

 

 

「0さいからのドラえもんはじめてずかん えいごつき」というタイトルの通り、さまざまなモノや動物の図が載っていてそれぞれに英訳がついているという内容。

この本の購入目的としては、ドラえもん好きの大人が自分のために買う本といったものでは無く、

どちらかといえば、自分の子供をドラえもん好きにしたいドラえもん好きのお父さんお母さんが英才教育目的で買い与える本という感じが正しそうです。

0さいの頃からドラえもんに慣れ親しませて、将来の藤子不二雄ファンを育成するのだ!

大人になって藤子不二雄関連の本を買いまくることで小学館を金銭的に支えるのだ!

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20160313042156j:plain

あと、小ネタとして「ききゅう」のイラストが「ドラミちゃんのミニ熱気球」になってるのもポイント。

幼少の頃にこの本を読んでドラえもん博士になった子供が、将来この小ネタに気付く時が来るのかと思うと感慨深いです。

 

 

ちなみに小学館の商品公式ページには、

最初は親子で指さしながら、ものの名前を覚え、
少し大きくなったら、ひらがなの学習に、
そして、楽しく英語を学べる教材として、
小学生まで長く使える一冊です。小学館商品ページより)

と書いてあって、なるほどの一言。

冒頭で950円は高いとか書いちゃったけど、そう考えると950円も妥当な値段かもしれません。

 

 

そして、もうひとつ映画館の売店で見つけて購入したドラえもんグッズ。

f:id:genshiohajiki:20160313045521j:plain

ドラえもん パールカラーふうせん

 

 

 

ドラえもんの新作映画が公開されると、昨年売れ残ったと思われる品が便乗して売られているという事がよくあるのですが、(証拠画像)

このドラえもんパールカラーふうせんは、イラストが完全に大山のぶ代さんの頃のドラえもんです。

f:id:genshiohajiki:20160313050258j:plain f:id:genshiohajiki:20160313050344j:plain

おいコイツ、10年以上も売れ残ってたのか!??

 

 

・・・まあ、冷静に考えればそんなわけない。

たぶん商品のデザインを変えていないだけでさすがに10年以上売れ残ってるわけではないと思います。未開封でも10年も経っちゃったらゴム風船も劣化してるだろうし。

劣化してるから、膨らませた時にヘタに破裂でもして子供が顔にケガしたらどうすんだって話ですよ。

まあ個人的に、この頃の絵柄のドラえもんの商品が買えたってだけでも嬉しいですしね。こうしてブログのネタにもなったし買って満足です! おわり。

 

 

 

ただ、本当に売れ残ってた品を売ってるって可能性も無いわけではないしなぁ・・・もしかしたらコメント等で反響があったら実際に膨らませて破裂するかどうか確かめちゃうかもなぁ・・・・

0さいからの ドラえもん はじめてずかん えいごつき

0さいからの ドラえもん はじめてずかん えいごつき