SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその152】ピアノミニアルバム 映画ドラえもん のび太の宝島

 

先日、映画のDVD&ブルーレイが無事発売されたのび太の宝島」。

 

genshiohajiki.hatenablog.com

 

 

 

『ノベライズ版のび太の宝島』『ナゾ解きゲームブック』など、

関連書籍も多く出た今作品ですが、この映像ソフトの発売をもって、商品展開はいったん終了・・・ということになりそうです。

 

 

ただ、これら以外にも実はこんな関連書籍も買ってましたよというモノがあるので、

今日はその本をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

それがこちら。

 

 

ピアノミニアルバム 映画ドラえもん のび太の宝島

 f:id:genshiohajiki:20180803061837j:plain

発行所:ヤマハミュージックメディアホールディングス

発行日:2018年4月1日

価格:1000円(税抜)

全26頁

 

 

 

『ピアノミニアルバム』という、

オシャレな名前がついていますが、簡単に言ってしまえば「ピアノの楽譜」です。

 

なんか毎年映画公開の時期に発売されてそうな雰囲気もするけど、

「映画ドラえもん」の楽譜としては、今年から発売されはじめたものらしい。

 

うーん、自分はピアノ習ったことないので、そこら辺のことはよくわかりませんなあ。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180803062924j:plain

 

この本では、

星野源さんの『ドラえもん』と『ここにいないあなたへ』の譜面を、それぞれ「やさしいソロ」と「中級ソロ」の2つのバージョンで収録。

自分のレベルにあったほうで弾け、ってことなんでしょうかね。

 

 

ピアノをやっている人だったら、この本の感想でもうちょっと気の利いたことが書けたかもしれませんが、

自分はピアノやったことがないので、書けることといったらもうこれくらいです。

すみません。

 

 

でも、ピアノで星野源さんの曲が弾けたらカッコいいと思うので、

いつか自分がピアノを学ぼうと思ったときには、再びこの本を開く瞬間がやってくる・・・はず?

 

 

 

 

「『のび太の宝島』の関連書籍が出るのはこの時期だけだから」と、ついこういう本まで買ってしまっているわけですが、

おそらく来年の映画公開シーズンの時も、自分は映画の関連書籍を買い漁っているんでしょうなあ。

 

時代は変わり続けていくけど、自分は変わっていかない。

(それにしても、来年の映画ドラえもんのタイトルはいつ公開されるんだろう?)

 

 

ピアノミニアルバム 映画ドラえもん のび太の宝島

ピアノミニアルバム 映画ドラえもん のび太の宝島