SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

「ケロロ軍曹」最新29巻が発売されました。29巻はまるごとイースター島編!

 

ケロロ軍曹 (29) (角川コミックス・エース)

ケロロ軍曹 (29) (角川コミックス・エース)

 

 

 記事にするのがだいぶ遅れましたが、

5月26日(土曜日)にケロロ軍曹」最新29巻が発売されました。 

 

 

昨年5月発売の28巻から29巻までの間に、吉崎先生がコンセプトデザインを務めた「けものフレンズ」がより一層の大ヒット。

 

その余波を受けてか本編のページ数が大幅に減ったり、その穴を埋めるためにけもフレキャラのおまけ1ページ漫画が掲載されたりと、

一時は年1回の単行本発売も危ぶまれる状況でしたが、なんとか発売の運びとなりました。

 

そういや、減ページ中に載っていたけもフレ漫画はこの巻ではいっさい収録されていませんでした。

てっきり単行本にも収録されるんだとばっかり思ってたけど、やっぱり権利上のアレとかがあるんだろうか?

ちょっと残念だ。

 

 

そんな29巻は、毎年恒例の干支回(去年のやつ)と、

前巻から続いていたケロロンボール・イースター島を完結までまるごと収録。

 

 

冬樹くんは「Fライフ」第3号掲載の特別編の時も実はイースター島に行っており、

その時の冬樹くんは、すっかり観光地と化していた島の様子に「自分のイメージと違う」と落胆していたのですが、

 

今回のイースター島編では、

観光地化し、現地の人たちが暮らすイースター島も魅力の一部なんだと全て受け入れていたところに、冬樹くんの心の成長を感じました。

 

Fライフ3号では吉崎観音先生が描いたドラえもんが出てきたりもするので、気になる人は是非チェックしてみてください。

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20180615061138j:plain

さらにこの29巻では、「月刊ムー」編集長・三上丈晴氏によるイースター島ケロロ軍曹の謎をひもとく特別解説も収録。

世界七不思議有識者である三上氏の文章と、単行本帯にも登場している三上氏の存在感インパクト十分! こちらも必見です。

 

「ケロロ軍曹」29巻に「ムー」も驚愕! イースター島の古代神に迫る! | ムー PLUS

 

 

 

で、このイースター島編での戦いは、

アクアクとマケマケが島を盛り上げるためにわざとプロレスをやっていたという、実に平和的なオチがついたわけなのですが、

 

 f:id:genshiohajiki:20180615064009j:plain

たかがプロレスで、アクアクさんがチリ海軍の船を沈没させちゃったのは、さすがにどうかと思う。

 

いちおうこの出来事は、

現実世界に干渉のない「コピー次元」の中で起きたことなので多分大丈夫だとは思うけど、

アクアクさんがクルル曹長が作ったコピー次元のことを知ってるとは考えづらいので、おそらくこの時はガチで船を潰しに来ていたはず。

 

イースター島編のプロレスオチを知ったときは、

こんなことに付き合うなんて随分丸くなったなーとか思ってたけど、やっぱりアクアクさんは怖い人だった!

 

 

 

そんなわけでイースター島編も終わり、残すケロロンボールはあと5つ!

ケロロンボール2個集めるのに、2年かかったぞ!

 

 

28巻の感想「このままのペースだと、ケロロンボールが全部集まるのは2023年になる」とか書いてたけど、

今のペースだと、2023年が終わっても全部集まってない可能性がある。

 

2023年はケロロ軍曹連載25周年のメモリアルイヤー。

ケロロンボールを集めている間に、ケロロ軍曹が連載25周年を迎えてしまう!

 

 

ただ吉崎先生も、巻末のイラストコーナーでそのことを気にしているご様子だったので、

まあ、何とかなるんだと思います。

 

 

そして、次巻でいよいよ大台の30巻突入! そのまま走り続けるんだ軍曹!