SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(映画公開記念企画・ほどほど宝島)

 

2018年3月9日放送分  ネタバレ注意!

 

 

※この記事には「映画 のび太の宝島」のネタバレが多数含まれています。

 

 

 

ほどほど宝島(アニメオリジナル)
今回は毎年恒例の映画公開記念特別企画。
大冒険の予感を感じさせるシリアスな嘘オープニング&のび太の大大大冒険宝島」なる嘘タイトル表示での視聴者ドッキリから、物語が始まった!

ちなみに今年のひみつ道具コンテストのテレビ朝日優秀賞作品はサブタイトル画にて登場。「札束」が好きです。

 


「春休みに気軽な冒険をしたい」というのび太君たちが、ドラえもんひみつ道具「ほどほど宝島」で楽しく大冒険!
ピンクイルカの案内人・ホドホと一緒に、宝島に眠る宝物をさがす旅に出たのですが・・・。

 

 


ノアの方舟計画」や「ドラえもんの石頭で敵の目論みを阻止」など、
フタを開けてみれば「雲の王国」を彷彿とさせるキーワードのほうが多かった今年の映画ですが、

 

こちらでは「ほどほど○○」という名前のひみつ道具が出てきたり
ピンク色をしたイルカのキャラが登場するなど、TVアニメのほうでは内容をガッツリと「南海大冒険」に寄せてきていた。

ちなみに今回のゲストキャラ・ホドホの声を演じているのはこの人。俺のドリルは天を突くドリルだ!

 

 


「ほどほど宝島」は、
ほどほどのスリルで気軽に冒険ごっこが出来る、未来のアウトドア施設のような道具であり、
スイッチを入れるだけで子供5人が充分に大冒険できるほどの大きさの島になるという、かなりの膨張率を誇る道具である。

 

最終的な大きさだけでいっちゃえば、
「大きなひみつ道具ランキング」ナンバーワンで有名な「風雲ドラえもん城」の記録を超えてしまうかもしれない。

 

ただ、この膨張率だと、

うっかり自分の部屋などの狭い空間で「ほどほど宝島」のスイッチを押しちゃったらどうなるんだろう?とか考えてみたら、思いのほか怖くなった。
でも、さすがに「海が近くにないと起動しない」とかのセーフティくらいはついてるか。

 

 


そんなわけで、
「気楽な冒険」を求めて『ほどほど冒険コース』に挑むことにしたのび太君たち。

 

『ほどほど冒険』の名のとおり、
宝の埋まっている場所まで、特に頭を使うこともなくほぼ一直線で進むことができ、
標高数千メートルはありそうな険しい山も専用のエスカレーターでラクラク登ることも可能。
お宝のありかも「ココかも?」と矢印のついた立て看板が立ってるので、1秒で見つけることができるぞ!

これなら、体力に自信のないおじいちゃんおばあちゃんでも宝物を見つけることが出来そうですね。

 


もちろん、何のワクワクもないと面白くないので、
宝箱を掘り出す際に「くじ引きで出た道具しか使ってはいけない」というイベント要素も完備。
今回は「パーティ用しりとり変身カプセル」が出たので、しりとりで「スコップ」に変身できるような言葉に繋げていきましょう。

 

「みんなで言葉を繋げて変身できるところ」が、普通の「しりとり変身カプセル」と「パーティ用」の違いなんでしょうかね。
確かに、パーティでしりとり変身大会をやったら結構盛り上がりそうだ。

 

 


こうして、のび太君達はなんの危険も無く宝箱を掘り出すことができましたが、
肝心の宝箱の中身は「ホドホコインチョコ」「ホドホキーホルダー」「ホドホジグソーパズル」「ホドホ指人形」などといったチープなものばかり。

 

なんか、水族館に行ったときのお土産みたいだ。買ったはいいけど後で持て余すタイプの土産ですね。
「キャラクター商品注文機」の回で、のび太くんが自分の顔がプリントされたノートやパンツを濫造しまくっていたことを思い出してしまった。

 

どうも、ほどほどな冒険だと、宝物のレベルもほどほどになってしまうようです。

 

 


やはり冒険はスリルと冒険、そして目もくらむような金銀財宝があってこそ!
ヌルい冒険に不満を覚えたジャイアンスネ夫の要望に応えるべく、今度は「ほどほどハードな冒険」に挑ませていただきましょう。

 


ドラえもんが付属のスイッチで冒険モードを「ハード」に切り替えると、急に天気が荒れ模様に!
さらに、さっきまで案内人&マスコットキャラ役だったホドホも「おまえらが無謀な冒険者たちか?」と話しかけてくるなど、急にハードボイルドな見た目に変わってしまった!
ハードボイルドなホドホ。略してハドホだ!

 

そんなハドホさん曰く、
「まだ誰も見たことの無い財宝がこの先の海の底に隠されている」と実にセクシーな声で語り出した。
この先にステキな財宝が眠っていることを知り、宝物への期待感をどんどんと高めていくのび太君たち。

 

さらに彼は「光に隠れ、闇に隠れる、穴の奥深く」なる財宝がある場所のヒントまで教えてくれた。
おっ、これは今年の映画にもある謎解き要素ですな。 宝物はどこにあるナゾ~?

 

 


このヒントをもとに、さっそく宝物を探そうとしますが、
「ほどほどハードな冒険コース」というだけあり、いきなり海が大荒れになってしまう。

 

ドラえもんが船が沈没しそうな状況から逃れるため、ひみつ道具を使おうとしますが、
「くじ引きで出た道具しか使ってはいけない」という縛りはハードモードでも健在だったため、ドラえもんの四次元ポケットから他の道具を使うことすらできない状況に。

 

さらに不運は重なり、ハードな冒険を「ほどほどソフト」に戻すための付属スイッチも壊れてしまったことが発覚。
のび太君達は、完全に窮地に追い込まれてしまった!

 

 

 

しかたなく、くじ引きで出てきた道具「パーティ用しりとり変身カプセル」で沈みゆく船から脱出を試みようとしますが、
ハドホさんから「『海の生きもの』だけでしりとりをしろ」という謎の縛りを言い渡されてしまうのび太君たち。
冒険もハードモードなら、しりとりのルールだってハードモードだ!

 


カツオにオットセイ、イワシと続き、
スネ夫が小ずるく「シャーク(鮫)」に変身して次々と海に飛び込む中、
最後まで残っていたのび太君もギリギリで「クラゲ」を思いつき、なんとかピンチを脱することが出来た。


おそらく「海底鬼岩城」で、自らが「クラゲごっこ」を提案した際の記憶が、この時に活きたのだと思われます。
人生、何が自分の危機を救うのか、その時になってみないとわからないものである。

 

 


こうして海の生きものに変身したのび太君達は、海中から宝のありかを探しはじめるのですが、
油断しているスキを狙われたのか、偶然近くを泳いでいたクジラにのび太クラゲが捕食されてしまった!

 

かなりの緊急事態ですが、
ここでスネ夫がクジラの体の色の特徴が、先ほどホドホが言っていた財宝のヒントと合致することを指摘。

 

と、なると、
宝箱があるのはクジラのお腹の中ではないかと思いついた4人は、みんなでクジラのエサである「オキアミ」に変身。
自らがエサとなって、クジラのお腹の中へ飛び込んでいった!

 

このスネ夫君の読みはみごとに的中。
クジラの体内で宝箱を発見し、先に食べられていたのび太クラゲとも合流することもできたのでした。

これでまたまた百万長者だ!

 

 

 

しかし、宝箱を見つけた所で、どうやってクジラの体内から脱出するのか?

 

絵本とかによくある流れで、クジラの潮吹きによって外へ出られそうな気もするけど、
それに関しては、ドラえもんによる丁寧な解説(図解付き)によって完全否定されてしまった。


ドラえもんの解説によると、あれは肺の空気を出してるだけで、のび太君達が今いる胃とはつながっていないらしい。

さっきのクジラの体の色のひみつといい、本当「ドラえもん」はアニメをただ見ているだけで勉強になりますね。

 

 

発案こそなかったけど、
自分が実質的なウ○コになってしまう覚悟さえあるなら、クジラの肛門から脱出するのもアリかもしれない。
ただ、ゴールデンタイムのアニメでウ○コ脱出をしたら、
それこそほどほどのクレームがきそうなので、やっぱりやめといた方がよさそうだ。

 

 


2つの案が却下される中、
ドラえもん達の取った脱出行動は、クジラが骨を伝って音を聞いている習性を利用し、外へ出るという方法。

 

早い話が、ジャイアンの歌でクジラをびっくりさせて脱出しようという作戦だ!

 

何も知らないクジラにとっては非常に迷惑この上ない話だけど、
この作戦のおかげでのび太君達が何とか宝箱とともに脱出できたので、許していただきたいところです。

 

 


こうして、念願の宝物を手に入れた一同。
ハドホさんから「さあ冒険者たちよ!宝を手にするがいい!」との声とともに、宝箱を開けたところ、
中に入っていたのは、さっきと同じ、ホドホグッズの詰め合わせのみ。

 

どうやら、宝箱を開ける直前に付属スイッチが直ってしまい、
冒険モードも「ハード」から「ソフト」に戻ってしまったせいで、宝物もさっきと同じものに・・・というのが今回の話のオチのようです。
まさに、骨折り損のくたびれ儲けだ!

 


ただ、これなら、
ソフトモードで冒険して宝箱を開ける直前に、ハードモードにスイッチを無理やり切り替えれば宝もラクに手に入るんじゃないだろうか?
気になるので、この方法を1回試しにやってみてほしいところです。


といったところで、この話はおしまい。

 

 

 

●映画特別映像公開●
のび太の宝島」で海賊・トマト役を演じるサバンナ高橋さんが登場。映画の特別映像が公開されました。
まあ、本編の映像を流しただけです。
完全に映画のネタバレになってるシーンも流れてるけど、何も知らずに見てるぶんにはわからないのでいいのか。いいのか?

 

 


●ドラドラニュース●
今週はサバンナ高橋さんがドラガオじゃんけんに参加!
実際の芸能人がドラガオじゃんけんに登場するのはこれが初めてです。

この先、大泉洋さんや長澤まさみさんがこのコーナーで「チョキのかお」をやってくれたりするんだろうか?

 

ちなみにもうひとつの国民的アニメとの勝敗はこんな感じ。 4月からもじゃんけん頑張るぞ!

 

 


■次回予告■

3月16日は「金曜★ロンドンハーツ3時間スペシャル 豪華!ドッキリスター大賞」放送のためお休み。

3月23日は「ミュージックステーション2時間スペシャル」放送のためお休み。

3月30日は「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」放送のためお休み。


次回は4月6日「春だ!映画だ!3時間アニメ祭り 第2弾」の中での放送。
「フクロマンスーツ」「ツチノコみつけた!」「リモコンねこでとり返せ!」の3本をお送りします。

 

小説 映画ドラえもん のび太の宝島 (小学館文庫)

小説 映画ドラえもん のび太の宝島 (小学館文庫)

 
新宝島 (通常盤)

新宝島 (通常盤)