SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(ロボ子が愛してる&大ピンチ!スネ夫の答案)

 

018年2月2日放送分  ネタバレ注意!

 

 

●ドラドラニュース●
 ・後述の映画最新映像放送の尺確保のためか、新体制後初のオープニング・テーマカット。
  「帰ってきた宝島クイズ」も今週はお休みでした。
 ・今回からドラえもんのび太君による「のび太の宝島」公開までのカウントダウンがスタート。映画公開まであと4週!
 ・2月3日・4日に横浜みなとみらい・ぷかり桟橋で「キャプテンドラえもん号お披露目イベント」があるとのこと。
  まあ、自分は行ってきたんですけどね。(自慢)→横浜みなとみらいに停泊するキャプテンドラえもん号を見に行ってきたよ日記

 


ロボ子が愛してる(コミックス2巻収録)
今週は2本とも原作回!
1本目は今のオープニングアニメにもちょこっとだけ出ているトモダチロボットの「ロボ子」が出てくるお話です。

 

しずかちゃん達に呼ばれ、特技「スナック菓子の投げ食い」を見せにいくも冷たい扱いを受けてしまったのび太君。
せっかく人を呼びつけておいて、面白いゲームやりたさに女の子全員が一目散にスネ夫の家に行ってしまうのは、実にアレだ。
まったくもって腹立たしい!
怒りのあまり、のび太君が食べていたスナック菓子の名前が「モジャコーン」だったという藤子作品小ネタも忘れてしまいそうなほどである。

 

そりゃあ、ドラえもんだってのび太君を慰めるためにロボットの女の子を出してあげたくなるってもんですわ。
ロボットの女の子なら、リアルの女の子と違って自分を裏切りませんからね。

「実は彼女がロボットだった」という設定のお話は今となっては珍しくないけど、
今から約50年も前にこの話を描いた藤子F先生は本当にすごい。

 

今回のお話は「バレンタイン直前!」ということで、
やきもちを焼いたロボ子がのび太君の口に大量のバレンタインチョコを突っ込むというアニメオリジナル展開も加えられていたりもする。
手作りチョコならまだしも、自分が買ってきた既製品のチョコを口に詰め込むのは、ただの傷害行為になってしまうぞ。


あと、本当に今回のお話でバレンタインを祝いたかったなら、今年のバレンタインに一番放送日が近い来週(2月9日)にこの話を放送したほうがよかったんじゃないだろうか?
本来のバレンタイン直前よりも放送が1週早かったのは、なんか編成の都合でもあったんでしょうかね。

 

今回のアニメでのわさドラ版ロボ子は、頭のリボンをひっぱると止まる。
ドラえもんのしっぽを引っ張ると、スイッチが切れるのと同じ仕組みですね。
ロボ子は100万馬力を持っているので、暴走時にこういった緊急停止スイッチがあるのはありがたい。

 

ここまで書いていてふと思ったけど、ロボ子さん的に相手にちょっとエッチなことをされたりするのはOKなんだろうか?
ちょっとだけ気が緩んで、ついつい胸に手を伸ばしちゃった~なんておふざけをやった刹那、100万馬力の裏拳を顔面に食らったりでもしたらシャレにならない。


自分の生命に関わることなので、説明書には必ず「ロボ子さんは○○まではOKです」みたいなことを明記しておいてほしいぞ。

う~む。なんか自分で文章を書いておいてアレだけど、ロボ子さんがデリヘル嬢っぽくなってしまった。
こんなエッチな事とか考えずに、普通にトモダチの範囲で接するのが一番ですな。

 

そして、ラストは禁断の女装ドラえもんのび太君を襲う!
カツラにメイクをして、思いのほかドラえもんが女装にノリノリだったのがなお怖い!
原作発表時はまだ登場してなかったけど、ロボットの女の子でいいなら普通にドラミちゃんを連れてくればよかっただけの話なんじゃないだろうか?
でも、そういうことでもないんだろうなあ。と思ったところで、1本目はおしまいです。

 


●ミニドラどーこだ!●
今週はAパートとBパートの間で放送。
エメラルドブルーの海が見えるすてきなビーチでミニドラを7体探しましょう。

 


大ピンチ!スネ夫の答案(コミックス28巻収録)
2本目は今月が誕生月!スネ夫君が主役のお話。
自分がテストで100点を取ったことをどうにかして伝えたいスネ夫と、その周りの少年たちの友情を描いた物語だ!

 

普段はジャイアンスネ夫にいじめられているのび太君ですが、基本的には3人とも仲良しである。
さらにこの日はテストでそれぞれ15点と10点とお互いにヒドイ点数を取ってしまったことで、ジャイアンのび太君が謎の意気投合。
「『熟語』ってどういう意味だ?」「きっと塾に行ってないとわからない言葉なんだよ」と呑気な会話まで飛び出し、
スネ夫君もますます自分のテストの点数を言い出しづらくなってしまった。


いつものスネ夫なら大っぴらに100点とったことを自慢しそうなところですが、やはりこの友情を壊したくはないのでしょう。

 

なんとかジャイアンのび太君に自分の答案を発見させたいスネ夫と、何故かスネ夫の答案を発見できないジャイアンのび太君。

「千人の年より 杉山家の窓の下」という暗号を、額面通りにイラスト化したらものすごく不気味な絵になることがわかった。
そんなホラーハウスが本当にのび太君の近所にあったら、逆にすごいぞ。

 

それでも、ドラえもんに貸してもらった「暗号解読機」を駆使し、ようやく答案の隠し場所である「千年杉の下」に辿りついたジャイアン達。
スネ夫がテストで0点を取った」と思い込んでいる2人は、早くも脳内でスネ夫にいばり散らす自分たちの姿を思い浮かべてニヤニヤ顔。
いやあ、2人とも清々しいまでのクズですねえ。

 

しかし、
 「この恥知らず!」

 「もし、その秘密を知ってしまったらそっと胸の内にしまっておいてやる。それが本当の友達、本当の友情。そうじゃないのか!」 

と、ドラえもんの涙の訴えを聞いたジャイアンのび太君は改心。


大事な友達であるスネ夫の答案を隠し通すため、答案を掘り出しに来たスネ夫スネ夫のママもろとも「秘密書類やきすて銃」スネ夫のテストを焼き捨てることに成功!
こうしてスネ夫の秘密は永遠に守られたのでありました。 友情っていいですね。バンザイ!

 

それにしても「秘密書類やきすて銃」なんて道具があるってことは、
未来の世界は、秘密書類を盗むようなスパイがウジャウジャいるってことなんだろうか?
22世紀は紙の書類を使わない、ペーパーレス社会が進んでいるのかと思ってたけど、どうも違うようだ。

 

今回は偶然にも、先週のアニオリ回と若干内容が似ていたので、
もしも未来の世界で0点の答案を盗んでいたら、スパイ役のドラえもんが黒コゲになっていたのかもしれませんな。

 

 


●映画最新映像公開●

www.youtube.com


星野源さんの歌う主題歌ドラえもんの入った映画最新予告編が放送されました。
どどどどどどどど どっどー ドラえもんー♪

 

全体的に星野源さんの新曲のPVみたいな仕上がりになっていますね。

あと、予告編冒頭に出てくる文字のフォントが、アニメ「キルラキル」本編によく出てきたフォントとちょっと似てるような気がする。(どうでもいい感想)
この後に放送された「ミュージックステーション」でも、星野源さんが主題歌をテレビで初お披露目しておりました。
そういや今年は、ウンタカダンスやパオパオダンスみたいなの、やらないってことでいいんですかね?

 


■次回予告■
次回の放送は2月9日。
「こびとロボット」「宇宙たんけん!?ウラヤマ星」をお送りします。

ドラえもん (初回限定盤)

ドラえもん (初回限定盤)

 
友情 (岩波文庫)

友情 (岩波文庫)