SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその101】ドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話

 

ドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話

f:id:genshiohajiki:20171009234403j:plain

初版発行日:2017年3月20日

出版社:小学館

価格:650円(税抜)

全194頁

 

 

小学館ジュニア文庫の公式ホームページによると、

今月10月27日(金曜日)に「ドラえもん 5分でドラ語りシリーズ」の第2弾ドラえもん 5分でドラ語り 四字熟語ひみつ編」が発売されるそうです。

 

f:id:genshiohajiki:20171009234403j:plain

で、このシリーズの第1弾であるドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話」は今年3月に発売されていたりします。

まあ、ドラえもん好きの方でもこの本の存在自体を今まで知らなかったという人も多いでしょう。

 

でもこの本は、個人的にけっこう見どころのある本だったので、第2弾発売決定記念も兼ねて今回レビューしちゃいたいと思います。

(実は前にも少し触れていたりするけど、今回改めて記事にさせていただきます)

 

 

f:id:genshiohajiki:20171009235845j:plain

タイトルで大体どういう本なのかの予想はつきそうですが、

ざっくりと内容を言っちゃうと、この本はことわざに関するコラムや知って得する豆知識がたくさん載ってるって感じの本です。

 

1つのことわざに関するコラムが5分で読めちゃうから「5分でドラ語り」なるタイトルがついているわけですな。

文章も小学生の読者に向けて非常にわかりやすく書かれているので、大人が読んでも十分に理解できる内容となっております。

 

誰でも5分でサックリと読めてしまうので、

忙しい朝の通勤通学の合間なんかにこの本を読んで、ことわざの知識を深めることも可能だ!

この本を読んで、今日からキミも職場や学校のことわざ博士になろう!!

 

 

とはいえ、

いくらこの本でことわざについて学べたところで、この本のドラえもん要素が薄かったら話になりません。

別にこの本読まなかったらことわざに詳しくなれないってワケでも無いですし。

 

この本で肝心なのは、ドラえもん要素があるのかどうかです。

正直言って、自分もこの本を買うまでは「どうせ、よくあるドラえもんの名だけ借りて中身はほとんど文字ばっかりみたいな本なんじゃねーか?」と疑ってもいました。

 

 

しかし、そんなドラえもんファンのワガママにもこの本はしっかりと対応!

 f:id:genshiohajiki:20171010001846j:plain

各ことわざコラムの最後に如月たくや先生によるドラえもん2コマ漫画を配置することで、

欠乏するかと思われていたこの本のドラえもん要素を見事にカバーしたのでした。

 

ことわざについて学びたい人は、このまんがを読んで覚えた知識の復習もできるし、

ドラえもんファンの人は、普通にドラえもん2コマ漫画が読めて嬉しいという、まさに誰も損をしないイイコトづくめの構成だと言えるでしょう。

まんがの内容も、ちゃんとドラえもんの原作の展開を意識したつくりになっていた点でもポイントが高いです。

 

 

さらに「『チリつもらせ機』で幸せいっぱい?」「くせなおしガス」「名刀[電光丸]」と、ことわざに因んだ回の原作まんがも3本収録されているので、

ドラえもん好きな人が読んでもきっと満足できるドラえもん要素のたっぷり詰まった一冊となっておりました。

全国の本屋さんでも、まだ売っているところはたくさんあると思うので、この本を見つけたら是非手に取ってみてください。

 

そして今度発売される第2弾も、

第1弾と同じようにドラえもん要素の詰まっている、読んでタメになるような本になることを期待しております。おしまい。

 

f:id:genshiohajiki:20171010005644p:plain

ドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話」にはパーマン要素もあるぞ!

 

ドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話 (小学館ジュニア文庫)

ドラえもん 5分でドラ語り ことわざひみつ話 (小学館ジュニア文庫)