SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

【ドラえもん本レビューその98】ドラえもん あそびのくに ③おはなしのくにめいろ

ドラえもん あそびのくに ③おはなしのくにめいろ

f:id:genshiohajiki:20170808230050j:plain

発行日:昭和63年1月20日

出版社:小学館

価格:450円

全36頁

構成・絵:しのだひでお

 

 

最近ドラえもん本レビュー記事やってなかったなーと思ったので、リハビリがてらに手元にあった本を紹介することにします。

 

というわけで、こちらは今から29年前の1988年に発売された子供向けあそびえほん。

挿絵を担当するのはしのだひでお先生だ!

 

 

f:id:genshiohajiki:20170808232331j:plain

しのだひでお先生の描くドラえもんは、本家にない「独特の味」があるので好きです。

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170808231350j:plain

 

本の内容は、昔話の世界に憧れたのび太君がもしもボックスで「おはなしのくに」に行く・・・というストーリー。

お話の途中では、タイトルにもある「めいろ」をはじめ、絵さがしやなぞなぞなど、お楽しみ要素もたくさんあります。

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170808232612j:plain

劇中では、体は動物なのに顔だけ人間のままというミスチョイスも発生していた!

これは見ていて不気味でしかないぞ!

 

 

 

あと、個人的なしのだひでお先生の描くドラえもんあるある」として、

 

f:id:genshiohajiki:20170808233018p:plain

のび太君が首動かしがち」ってのがあるんですけど、皆さんはどう思いますか?

 

よくわからんって人は、今度しのだひでお先生の描いたドラえもんを読んでみてください。

本当にのび太君の首が無意味にカクカク動いているんですよ。

 

 

 

背表紙には既刊案内も。

 

f:id:genshiohajiki:20170808233627j:plain

 

自分はカラーワイドシリーズをこれしか持っていませんが、発売当時はこれだけの本が出ていたようです。

一番右の「マスクマンゲームブック」が気になる。

 

 

ドラえもんの めいろぶっく (ピギー・ファミリー・シリーズ)

ドラえもんの めいろぶっく (ピギー・ファミリー・シリーズ)

 
ドラえもん ぐるぐる探検ゲーム

ドラえもん ぐるぐる探検ゲーム