SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(映画公開記念企画・迷子のパオパオ)

 

2017年3月17日放送分  ネタバレ注意!

 

迷子のパオパオ(アニメオリジナル)
今週は毎年恒例となっている映画連動回! 去年でいうところのこの回ですね。

 

物語は、パオパオが隕石といっしょに学校のうら山に落下するシーンから始まる。
のび太君の家の近所にキーアイテムが落っこちてきたりキーキャラクターがやってきたりするのは映画ドラえもんあるあるのひとつです。
恐竜の卵も発掘できるし、バウワンコ王国の王子や7万年前の原始人もやってきてくれるのがのび太君の家の近所」という場所のすごいところである。

 

パオパオが隕石と共にやってくるくだりも、「南極カチコチ大冒険」で出てきた「パオパオは彗星に乗って宇宙のいろんな星を渡っている」という設定を生かしたものですね。
こういう映画との細かいつながりを作ってくれているのはうれしいところです。

 

そして、ひょんなことからパオパオを見つけたのび太君。
ドラえもんも謎の機械を取り出して「正体がわからない」と唸っておりましたが、2人とも「新・宇宙開拓史」の時にパオパオと出会ってましたよね?
こんな奇抜なフォルムの生物のことを忘れるわけはないと思うけど、とりあえずこの矛盾は一旦スルーしておこう。

そして、この問題についてはまた後で触れます。

 

ともかく、正体がわからないとはいえ、
帰る場所のなさそうなパオパオを可哀想に思ったのび太君は、動物嫌いのママには内緒でパオパオの面倒を見てあげることにしました。


今回のアニメに出てきたパオパオは「南極カチコチ大冒険」に出てきたパオパオ達とはまた違った星に住んでいたようで、
これまでに出てきたパオパオには無い、ダイソンも驚きの吸引力を持っていた。
のび太君が隠そうとしていた「0点の答案」を鼻息で吸い上げて体内に収納してしまったり、
パオパオの姿を初めて見た際に思わず失神してしまったママも、パオパオの吸引力が掃除の時に役立つことを知ってからはペットとして飼うことを認めてくれるようになりました。


やはり「人間の役に立つ」ということは、大事な評価ポイントである。
ドラえもんだってひみつ道具が使えるから「小遣い付き」という破格の条件で押入れに住めているわけで、もしもひみつ道具が使えなかったら家に住まわせてもらえてたかどうかも結構怪しいと思う。

そういう目線で考えると、オバQってよく正ちゃんの家に住まわせてもらえてたよなあ。
毎食ごはん20杯食べる上に、定期的にご近所に迷惑かけてるようなオバケが自分の家にいたら絶対に追い出してると思う。
「劇画・オバQ」で正ちゃんの嫁さんに嫌な顔されてたのも当然の話だわな。

 

論点が大きくズレてしまったので、話を元に戻します。
その後もパオパオは人懐っこい性格でしずかちゃんやジャイアン・スネオともすぐに友達になり、
問題の食糧問題も、うら山でパオパオの餌となるバナナを育てることで万事解決しました。

とんだプレゼントをありがとう。

 

ちなみにパオパオのバナナ畑になった場所は、パオパオが乗っていた隕石の落下場所だったのでかなり焼け焦げていたのですが、
スネ夫「どうせ畑にするんだから気にしない」の一言で流され、あっという間に開墾されてしまいました。
あんだけ立派な隕石が落下してうら山にクレーター跡まで残っているのに、近所の人達は何も思わなかったのだろうか?
普通だったら、すぐさま天文学に詳しい研究者が山ほど来てもおかしくないレベルだと思うぞ。

やはり、のび太君の家の近所に住んでいる人は日常的におかしなことが起こりすぎたせいで感覚がマヒしてしまったのだろうか?

 

食糧問題も解決し、これでパオパオを家で飼っても問題なし・・・と思った矢先、
テレビに映る流れ星の映像に過剰反応を示すパオパオの姿を不思議に思ったドラえもんが、持った人の考えていることが映るひみつ道具「イメージ灯」を持たせてみることに。
すると、そこに映ったのはパオパオがかつて住んでいたと思われる星の風景でした。
周りには「きみのパオパオコンテスト」で入賞した奇抜なカラーリング揃いのパオパオ達のすがたも映っています。


どうもこのパオパオは、星を襲った巨大竜巻に巻き込まれて宇宙空間に飛ばされてしまい、長い事宇宙漂流を続けた果てにこの地球へと降り立った経緯があるようです。
竜巻に巻き込まれた程度で宇宙まで飛ばされるっておかしくない?とか一瞬思ったりもしましたが、実際にパオパオは竜巻で飛ばされちゃったんだから信じるほかありません。

 

ドラえもんは「パオパオの故郷の星に帰してあげよう」と告げますが、
せっかく友達になれたパオパオと離れたくないのび太君は「あの星がどこにあるかわからないじゃないか」と理由を付け、パオパオとの別れを拒みます。
ですが、夜中に故郷の星に向かって届きもしない鼻を伸ばし続ける健気なパオパオの姿を見たのび太君は考えを改め、パオパオを故郷の星へ帰してあげることにしました。

 

パオパオの故郷の星への移動手段は「宇宙救命ボート」があるからいいとしても、問題はその行き先。
行きたい星の座標がわからなくてもその星のものを探知ユニットに入れれば自動的に向かってくれるのですが、その「パオパオの故郷の星」のものがありません。
パオパオが乗ってきた隕石の落下場所は全部開墾してしまったため、使えそうなものは見つからず。

 

諦めかけていたのび太君とドラえもんでしたが、
ジャイアンスネ夫がパオパオの吸引力で神成さんの家に飛び込んだボールを取ろうとして、あやまって近くにあった盆栽を植木鉢ごと吸引。
パオパオの鼻の穴から出てきた盆栽の枝ぶりが変形してえらいことになっていたものの、
神成さんはその枝ぶりを気に入ったようで、上機嫌で今までに飛び込んだボールも全部返してくれました・・・という茶番劇を挟んだことで、
パオパオの故郷の星に生えていたと思われる「植物の葉っぱ」を発見することができ、これでようやくパオパオが元の星に帰れる準備が整いました。

 

ちなみに、パオパオの故郷に生えていた植物はどこからどう見ても新・のび太の宇宙開拓史」に出てきた「雪の花」である。
あの映画のクライマックスでのび太君はクレムから雪の花を貰い、あんなに涙を流していたというのに、
新・のび太の宇宙開拓史」公開から10年経った現在、のび太君はこの花のこととコーヤコーヤ星での楽しかった毎日を一切忘れてしまったと思われる。
なんとも薄情な男だ。

 

まあ、TVアニメの世界と映画ドラえもんの世界はあくまで別物と考えるのがキホンなので、
おそらくこの世界ののび太君はコーヤコーヤ星に行かなかった世界線ののび太君なのでしょう。これならのび太君とドラえもんがパオパオを知らなかった理由にもツジツマがあう。
でも、もうちょっと脚本や演出をどうにかすれば、この手の矛盾を起こさないストーリーを作ることは容易に出来たはず。
「迷子のパオパオ」は、今までもたびたび議論に上がっていた「TVアニメのドラえもん」と「映画のドラえもん」とのストーリーの齟齬が改めて浮き彫りとなる問題提起回でもありました。


そんな問題提起はここまでにしておくとして、いよいよパオパオが故郷の星に帰る日がやってきました。
「宇宙救命ボート」はボタンひとつで目的地まで行くことが出来るので、パオパオひとりでもラクに帰ることが出来る安心設計だ。
でも、宇宙救命ボートってけっこう値段高そうなのに、こんな使い捨て感覚で使ってもいいものなんだろうか?
もしかしたら、未来の世界だと宇宙救命ボートが5000円くらいの捨て値で売られてるのかも。
つづれや21エモン君も2112年以降に産まれていれば、簡単に宇宙探検の夢がかなえられてたのかもしれませんな。

 

しずかちゃんやジャイアンスネ夫もパオパオとの別れを見送るために集まってきてくれましたが、

のび太君による操作説明の際にパオパオがうっかり起動スイッチを押してしまい、そのまま宇宙救命ボートが出発。
別れの言葉もないまま、あっさりと宇宙へと飛び出していってしまいました。
なんともあっけない別れであった!

 

そして季節は桜の咲く頃へ。
のび太君がパオパオとの思い出を述懐していたところ、パオパオを乗せていた宇宙救命ボートがのび太君の家の庭にもどってきました。
使ったものをちゃんとリリースする。あのパオパオは意外と律儀な性格だったようだ。
宇宙救命ボートの中に大量の「雪の花」が詰まっていたのも、彼なりの感謝の意をこめたプレゼントなのでしょう。

 

で、パオパオがどうやって地球に宇宙救命ボートを返却したかというと、あの時吸い込んでいたのび太君の0点の答案を探知ユニットに突っ込んでいたから。
道具の使いかたもマスターしているあたり、実はパオパオって見た目に比べて知能が高かったりするのだろうか?
そしてお話には描かれなかったけど、あの後で宇宙から帰還したばっかりの0点の答案がママに見つかってしまい、のび太君が大目玉を食らっていそうだ。

そんなことを考えつつ、このお話はおしまい。

 

 

■「のび太の南極カチコチ大冒険」特別映像
映画連動回恒例の映画の内容チョイ見せのコーナー。予告編よりちょっと長め。
なんか、映画本編でドラえもんが死んじゃうみたいな印象を与える編集になっているような気がするんだけど気のせいか?

 

 

●ドラドラニュース
今日で「びっくりラッキーマンボ」が最終回。
本物の南極で行われた最後のびっくりラッキーマンボの色は「赤」でした。

 

 

■次回予告■

3月24日は「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」放送のためお休み。

3月31日は「ミュージックステーション3時間スペシャル」放送のためお休み。
次回4月7日は「ドラえもん クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り・第2弾」の中での放送。
「ドラドラポンポコ大捜査」「動物型にげだし錠」「食べて歌ってバイオ花見」の3本をお送りします。久しぶりの3本立て!

激ウマ!バナナ15本

激ウマ!バナナ15本