SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」第2話感想(温泉奇行&マボロシガイシャ)

第2話感想です。

前回の感想はこちら。→TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」第1話感想(白昼夢&ご利用は計画的に) - 原子おはじき

 

 

温泉奇行原作:SALE27「温泉奇行」)

今回の喪黒福造のターゲットは一夜のアバンチュールを求めて温泉街にやって来た営業マンの木原志佐雄(47)。

この役を演じるのは関俊彦氏。実は28年前の旧作にも出演済みだったりするぞ。

この回は原作にもある回なのですが、「名刺がウォータープルーフのくだりと「サミシイー」のオーラが新作でも残っていたのが嬉しかった。

自分は原作のこの回を読んで「ウォータープルーフ」なる言葉を知ったので、妙に印象に残っているんですよね。

まあ、漫画の内容を忠実にアニメ化しただけで、スタッフさん達もそこらへん特に気にしてないのかもしれないけど。

 

誘われた先の旅館にて、喪黒と男2人で露天風呂での裸の付き合いを済ませた後はそのまま宴会へ。

「妻以外の女性を知らない」という木原に対し、ちーちゃんという美人の芸者さんを宛がわせる喪黒。

1話目に続いて藤子絵にまったく寄せてないタイプの美人だったけど、酒を呑む姿がやけにセクシーだったので許すことにする。

 

彼女に促されるまま大酒を呑みまくりつつ、芸者遊びを楽しむ木原さん。

しかし、お銚子の酒を10本以上飲み干した結果、何もできないまま酔いつぶれてしまう。

このアニメのオープニングでも言ってますけど、お酒はほろ酔いぐらいがちょうどいいんですよ。

木原さんも「笑ゥせぇるすまんNEW」を見ていれば、今ごろは芸者さんとアバンチュールしていたかもしれないのに・・・。

そんな不甲斐ない木原さんの人生を変えるべく、喪黒はちーちゃんを部屋に来てもらえるようセッティングするのでした。ドーン!

 

お部屋では、髪をほどいた状態&私服&銘酒「腰砕け」持参とかなりいい感じに出来上がっていたちーちゃん。

そのあとは全体的にピンクな雰囲気のまま、物語は進行していくのでありました。

 

翌朝。俗にいう朝チュン状態で目を覚ました木原さんは、一夜を共にしたはずのちーちゃんではなく奥さんそっくりのほうの芸者さんとご対面。

そして何か知らんけど一晩の花代として50万円を請求されてしまうのでした。

別に好きでもないおばちゃんと交尾して50万円取られたら、さすがに警察沙汰になってもいいと思うぞ。

そんでもって、「酒に酔い潰れる」といい、「オチで高額を請求される」といい、1話目の「白昼夢」と内容が被ってる気がする。

これってどうなんだ?

 

 

マボロシガイシャ(アニメオリジナル)

2本目は「ブラック会社」がテーマのお話。

過去にブラック企業に勤めていたトラウマによって働けない体になってしまった24歳の新人社員・出社伊夜太(演:斉藤壮馬)は、

ひょんなことから喪黒福造と出会い、「真幌支会社(マボロシガイシャ)」なる企業に勤めることとなりました。

出社伊夜太さんの見た目はニンテンドーDSのMiiみたいなキャラクターデザインをしている。

 

なお、この回にも喪黒と出社さん(すごい名字だ)がスーパー銭湯で裸の付き合いをするシーンがある。

もしかして「笑ゥせぇるすまんNEW」はオールドファンのみではなく、今時の深夜アニメを見ている女性層も狙っているのだろうか?

これがキッカケで夏のコミケ喪黒福造の薄い本とか出ちゃったらすごいことになりそうだ。

ただ、出たら出たでちょっと中身を見てみたい気もする。

 

この「マボロシガイシャ」は何らかの理由で働けなくなってしまった人たちが、社会に復帰できるようにトレーニングする場所であり、

彼を迎えに来てくれた上司の松岡さん曰く、キッザニアの大人版みたいなものだと思えばいいとのこと。

さらに、この「マボロシガイシャ」に決まった上下関係はなく、仕事の内容や役職も日によってランダムで変わるという特殊なシステムを取り入れておりました。

毎日やる仕事が変わったら、業務の内容が覚えられなくて逆に働きづらいような気もしますが、

とにかく、いろんな仕事を経験することで達成感ややりがいを覚えてくれれば社会復帰も早くなる・・・というのが狙いのようです。

 

そんなわけで、新しい職場で働き始めた出社さん。

Amazonの出荷倉庫みたいなところで働くうちに、彼も次第に労働の楽しさを思い出してきたようです。

BAR魔の巣でもその歓びを語っていたのですが、喪黒からマボロシガイシャはあくまでトレーニングの場。ハマりすぎてはいけませんよ」と釘を刺されてしまうのでした。

この時の喪黒の悪い顔ときたら!

 

この時も出社さんも「そんなことはありませんよ」と笑って聞き流していましたが、

自分が上司の立場になった途端に同じ部内で流通システムの改善案を競わせたり、仕事の効率を気にし始めたりと、だんだんとあやしい兆候が見えてきた!

そして、仕事の要領の悪かった上司の松岡さんにネチネチとイヤミをぶつけはじめる出社さん。

ブラック会社に勤めていたせいなのか、それとも元からそういう性格だったのか。すっかり自分をいじめていたブラック会社の上司と変わらなくなっておりました。

 

ですが、出社さんも自分があの頃の上司と同じことをしている事実に気づき、慌ててその場から逃げ去るも、行く先で待ち伏せていた喪黒に捕まってしまいました。

ギリギリで我を取り戻したんだから許してやってもいいじゃないの!という願いもむなしく、彼もまたドーンされてしまいました。

 

彼の新しい職場。それはマボロシガイシャ内の「ブラック会社体験ブース」のブラック上司役としてのお仕事でした。

ガラスの向こう側にいる見物人に対し、動物園の猛獣のごとく暴言をぶつけまくる出社さん!

出社さんの中の人はシンエイ動画の某アニメではシャドウ・ジョーカー役として出演しているが、こちらは言うなればシャドウ・上司だ!

 

「よもやご自身がブラックだったとは。ともかく無事にお仕事が決まって良かったですねえ。ホーッホッホ」と言い残し、喪黒は去るのでした。

といったところで、今週はここまで。

 

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌シングル

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌シングル

 
TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌「Don't(TV-size)/ドーン!やられちゃった節(TV-size)」

TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』主題歌「Don't(TV-size)/ドーン!やられちゃった節(TV-size)」