SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

9年ぶりの再演!「舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星」を見に行ってきました。

4月1日(土曜日)に池袋サンシャイン劇場で上演された「舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星」を見に行ってきました。

f:id:genshiohajiki:20170405025400j:plain

もちろん上演中はカメラ撮影禁止なので、ほとんど文字ばっかりの記事になってしまうことをご了承ください。

 

【舞台版・のび太とアニマル惑星過去記事】

舞台版「のび太とアニマル惑星」のビジュアル公開&チケット予約が開始されました。

最近「けものフレンズ」とかいうアニメが流行ってるらしいな!

「舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星(2008年度版)」を見た感想を書いたぞ!

【2017年4月2日の雑記】藤子不二雄作品関連イベントをはしごした日

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170204224017p:plain

座席予約をしたら赤丸に囲まれている場所の座席が取れてしまい、舞台上が見えないのでは?と危惧しておりましたが、舞台と座席の距離が思っていたより近かったのでひと安心。

むしろ、座席がすみっこだったおかげで舞台袖で隠れて次の出番を待っているらしいドラえもん(着ぐるみ)のお尻だけがチラチラ見えるという面白い体験もしました。

ホント当たり前の感想ですが、やっぱりこの手のお芝居はDVDで見るよりも実際に劇場まで足を運んで見たほうが面白いですね。場の臨場感が段違いでした。

こういうお芝居を見る楽しさがちょっとわかって来たので、今度宝塚とかも見に行ってみようかしら。

 

 

今回は9年ぶりの再演でしたが、大まかな展開は2009年の公演とほとんど変わらず。

しかし、スクリーンに映すCGが微妙に変わっていたり、登場キャラがアイオー・ホークに乗るシーンがあったりなど、9年間の年月の進歩を感じさせる演出の変更点は多数ありました。

そもそも、前回の公演が9年前。原作に至っては30年近く前の作品なのに、2017年の今見ても全く古さを感じさせないというところもなかなかスゴイのではないのかと。

もちろん、不変のテーマを取り扱った藤子F先生の先見の明もありますが、お芝居としても面白おかしく楽しめるような演出の巧さもあるのでしょうね。ええ。

 

 

中でも、前回の公演には無かった新曲「うら山の再開発業者を追い払う時の歌(仮題)」「探検セットの中身を紹介する時の歌(仮題)」の2曲が追加されていたところが大きなポイント。

公式パンフレットに載っていた鴻上尚史さん(演出・脚本)と森雪之丞さん(音楽)の対談によると、将来的に「舞台版アニマル惑星」を日本以外の国でも公演するためのブラッシュアップとしてこの新曲の追加を決めたんだとか。

いずれは中国や台湾などのアジア圏でドラえもんのミュージカルが見れる日が来るのかもしれませんな!

 

 

 

 f:id:genshiohajiki:20170405033141j:plain

※なんだか記事内が文字ばっかりになって来たので、サンシャイン劇場近くにあった「ドラキッズ」の画像を貼っておきます。

 

 

 

舞台の出演者の皆さんにもちょっとだけ触れておくと、

今回のび太君役を演じていた小越勇輝さんは過去に「テニスの王子様」や「弱虫ペダル」などの舞台版にも出演している売れっ子の役者さん。

劇場の退場口に設置されていたプレゼントBOXにも小越さん宛のプレゼントやファンレターが多く入っているの目撃しました。のび太のくせになまいきだぞ!

 

しずかちゃん役は乃木坂46樋口日奈さん。

乃木坂46は全く詳しくないので樋口さんの事は知りませんでしたが、これから先「乃木坂46で誰が好き?」って質問をされた時にはこの人の名前を答えようと思います。

 

あと、ドラえもん役の水田わさびさんは今回の公演でで2回目の「アニマル惑星」を演じることになります。

将来「アニマル惑星」がリメイクされた時に「これで3回目だよ~」と演技のモチベーションが下がってしまわないか、非常に心配である。(完全な杞憂)

 

 

東京公演の方は4月2日で千秋楽を迎えてしまいましたが、まだまだ全国各地では公演は続いていくらしいので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

近いところでは、4月7日からキャナルシティ劇場での福岡公演が始まります。

当日券予約もあるらしいので、今から予約しても運がよければ間に合うぞ!

 

 

というわけで9年ぶりの再演となった「舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星」も面白かったです。

 

最後に、これから舞台を見に行く人向けに軽い注意をしておくと、

舞台は原作のストーリーではなくアニメ版のストーリーを元にしているので、なるべくアニメ版「アニマル惑星」を事前に見ておいた方が楽しめるぞという点と、

初演の時はデザインが変わっていなかった「宇宙救命ボート」が、今回の再演では原作のデザインと大きくかけ離れたデザインに変わっているという点です。

 

今回の公演では初演の時と変わっていないセットと変わっていたセットの2つがあったのですが、

変わっていたセットの元のセットは9年の間にゴミとして処分されちゃったってことなんでしょうかね?

 

 

そんなことを考えつつ、感想記事を終えたいと思います。ありがとうございました。

舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星 スペシャル版 [DVD]

舞台版ドラえもん のび太とアニマル惑星 スペシャル版 [DVD]