SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第5話感想。噂にきいたツツモタセな回

 

 f:id:genshiohajiki:20170117011747j:plain

 

2017年2月11日(土曜日)放送の「スーパーサラリーマン左江内氏」の第5話感想に行きたいと思います。 

 

まずは重要なお知らせから。

このブログは「ドラマ左江内氏感想」の他に、普段は無駄に文字数の多い上に記事作成時間も長い「TVアニメドラえもん感想」も並行して書いているため、

「時間のかかる感想記事を週に2つも書けない」という理由で「ドラマ左江内氏」の感想は時間のかからない箇条書きスタイルでの記事としたわけなのですが、

ドラマの感想記事が回を追うごとに文字数が多くなってしまった結果、先週の感想の時点で普段書いているドラえもんの感想記事と作成時間(&文字数)がほとんど変わらないという本末転倒な状態に至りました。

というわけで、今週からは初心に帰って要点だけを纏めたざっくりとした感想にしたいと思います。詳細な感想記事を楽しみにしていた方はごめんなさい。

ドラマの内容を詳しく知りたいって人は、日テレ公式サイトでやっている一週間限定の見逃し配信やそのうち出るであろうDVDをチェックしてみてください。

 

 

あと、Twitterの情報で知ったのですが、

原作では明らかにされなかった「左江内氏の下の名前」がドラマ版では明らかになっていることが発覚。(参照:公式サイト相関図

その名も「左江内英雄」。さえないヒーローってワケですな。

全く関係のない話ですが、この名前を見て「パーマン」のミツ夫くんのお父さんの名前が「須羽 満太郎(すわ・まんたろう)」だったことを思い出しました。

自分から書いてみてアレだけど、本当に関係ない話だった。

 

 

【ドラマ過去記事】

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第1話を見た感想です。

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第2話感想。2週連続で土下座を見せるスーパーヒーロー!

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話感想。はね子、某アイドルグループのセンターを目指すの巻

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第4話感想。 ボノム =左江内さん=

 

【第5話あらすじ】

左江内(堤真一)は簑島(高橋克実)に、相談を持ちかけられる。

簑島は、総務課の藤崎(本田翼)という女性社員との関係で悩んでいた。藤崎から食事に誘われた簑島は、彼女と居酒屋で飲むことに。

酔っ払った簑島がふと目を覚ますと、そこはホテル。そして「また連れて行ってくださいね」と書かれた藤崎からの置き手紙が残されていた。

穏便に済ませたい簑島は、藤崎を説得してほしいと左江内に頼む。

その晩、左江内は円子(小泉今日子)と不倫の話題に。もし左江内が不倫したら「リアルに殺す」と言い出す円子。

その言葉を聞いた左江内は、背筋を凍らせるのだった。

左江内は、藤崎を誘って飲みに行くことに。簑島のことが好きだったと打ち明ける藤崎。左江内が彼女をなぐさめながら、二人の酒はどんどん進んでいく。

左江内がふと目を覚ますと、「今夜は慰めてくれてありがとうございました」と書かれた藤崎からの置き手紙が。

しかし、左江内にはまったく記憶がない。

「もしかしたら、不倫してしまったかも!?」とビビる左江内。円子にバレたら、タダでは済まない。

左江内が藤崎に、ホテルで何があったのかを聞こうと、再び藤崎を誘って飲みに行く。

そこで左江内は、意外なことを聞かされ…。

http://www.ntv.co.jp/saenai/story/05.html

 

・今週のオープニングコント

今週はスカイダイビングでパラシュートが開かなかった人を助けた左江内氏。

自分が見た感じでは、スカイダイビングしている人の映像と実際の役者さんの映像は別に録ったものだと思われる。

あのスカイダイビングの映像はどこかから借りてきたモノなのだろうか? 気になる。

 

 

・総務課の藤崎

というわけで、本田翼さん演じる総務課の藤崎と不倫をしてしまったのではないかと戸惑う左江内氏。

今回のお話は、原作の「噂にきいたツツモタセ」がベースになっているそうです。グッジョブマイサン。

あまり原作要素の少ない本作ですが、今後もこういう原作を使った回が出てくるのでしょうか。

 一応原作では、池杉ならぬ同僚の茂手杉だけがツツモタセの被害に遭っていたわけですが、ドラマ版では営業三課の男性社員たちがツツモタセ被害に遭うという展開になっております。ひでえ。

でも、簑島課長好きを自称する藤崎さんから「ハゲってドラえもんに似てません?」との発言のおかげで1話間における藤子作品パロディノルマは達成できたので、まあ良かったということにしましょう。

 あと、営業三課の左江内氏は元々は藤崎さんと同じ、フジコ物産の総務課にいたらしい。「左江内氏カルトクイズ」があったら絶対に出てきそうな知識だ。

 

 

・不倫問題決着

で、何故藤崎さんがツツモタセみたいなことで同僚たちから金を巻き上げていたのかというと、

藤崎さんの実家のお豆腐屋さんが経営難のため金融業者から借金をしたところ、その業者がかなりの悪徳金融だったために法外な利子をつけてきた。

それで藤崎さんは巻き上げたお金を、悪徳金融への返済に使っていたというわけですな。

というわけで、左江内氏がスーパーヒーローになって悪徳金融から借用書を奪取。無事借金問題&不倫問題は解決となりました。

いくら悪徳業者とはいえ、借金を踏み倒すのはどうかとも思いましたが、その直後に令状を持った小池刑事らが駆けつけるくらいの悪徳っぷりらしかったので、

どっちみち、左江内氏が手を出さなくてもこの問題は解決していたようです。

あと、この悪徳金融の名前が「金田ローン」なのが藤子F先生のネーミングセンスっぽくていい。こういう名前つけそう。

 こうして円満解決となったわけですが、左江内氏や簑島課長が酒を飲んだ途端に気を失っているところを見るに、藤崎さんが彼らの飲む酒に睡眠薬を入れていた可能性が非常に高い。

出来たら、そこらへんも追及したほうがいいのでは?

 

 

・今週の米倉

今週の米倉は街角の占い師役として登場。「未来の想い出」の藤子F先生をオマージュしているのだろうか。

なお、毎回繰り広げられる米倉氏と左江内氏の無意味な会話のやり取りは全て台本ナシのアドリブで行われているらしい。

役者さん達に自由に演じさせ、後で編集でどうにかする・・・というやり方でドラマを作っているそうだが、そのせいで放送の尺に入らなくなることもあるとか。

この第5話も自由に演じさせ過ぎてドラマの放送時間の尺に入りきらなくなっちゃったらしく、

金田ローンに突入した後の小池刑事の動きが早送りされまくっていたのも、内容を放送時間内に無理やり詰め込むための苦肉の策だったそう。

楽しいドラマの裏には、こういった裏方さん達の苦労もあったりすることを忘れてはいけませんなあ。

 

 

・本田翼さんの左江内ダンス

この回はいつものエンディングの他に「本田翼さんの左江内ダンス」の映像もオンエア。

放送終了後にSNS上でも話題になっておりました。やはりダンスは強い。

公開が1週間限定なのでもう見れなくなるだろうけど、一応動画も貼っておきます。

 

 

・個人用メモ

ホントだ。気づかなかった。 

 

 

というわけで感想は以上です。次回第6話は2月18日。お楽しみに!