SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(地球エレベーター&かたっぽ探知リード)

 

2017年1月13日放送分  ネタバレ注意!

 

●ドラドラニュース●

昨年10月14日の放送から始まったタイトルバックのアニメがとつぜん消滅。

そして、今週からドラえもん始まるよ~♪」と歌うオープニングアニメがスタートしました。何じゃこりゃ?

オープニングアニメ:分身ハンマーで分身して輪唱をするドラえもん

 

地球エレベーター(アニメオリジナル)

冬休み。みんなが空き地で寒さに震える中、これからブラジルに旅行に行くと自慢するスネ夫君。

ただいま地球の裏側であるブラジルは真夏。暑い国に行って日本の冬の寒さを忘れようってわけですな。

別にスネ夫君がブラジルへ行くこと自体はかまわないのですが、そんな自分をアピールしたいためか、時差も考えずに飛行機の中から朝6時に電話をかけてくるなど非常に迷惑極まりないです。

 

そんなスネ夫に腹を立てたのび太君。スネ夫をギャフンと言わせるため、どこでもドアで彼よりも先にブラジルに行くことにしました。

しかし、のび太君がドアを開けた瞬間にどこでもドアがバラバラに崩壊。

ドラえもん曰く「最近立てつけが悪かったからなあ」と言っておりましたが、そんなレベルの故障じゃなかったぞ!

というわけでどこでもドアは使えなくなってしまいましたが、ブラジルが日本の真裏に位置している点を利用して「地球エレベーター」というひみつ道具を使うことになりました。

この道具はエレベーターのように地球に穴を開ける様に進むらしく、計算上ではこれさえあれば片道42分でブラジルまで行けるとのことです。

この発想は学研まんがのデキッコナイスを思い出す。

聞くだけでは何とも夢のあるマシンですが、実際に地球に穴を開けてブラジルまで行ったら地球の真ん中にある内核に辿り着く前にマントル焼け死ぬと思うので、実際は異次元かどこかを通って行ってるのでしょう。

 

そんなわけで、のび太君と同じく朝っぱらからスネ夫から電話がかかってきたジャイアンとしずかちゃんも地球エレベーターに同乗。

飛行機で移動中のスネ夫君がブラジルに着くまでにはあと7時間かかるとのことなので、現地でゆっくり観光をしていても十分に余裕がありますね。

地球内部移動中の自由落下による無重力状態を楽しみつつ、地球エレベーターは無事ブラジルへ到着。

ドアが開くと同時に「やったー!遂に着いたー!」のび太君が駆けだしていきましたが、着いた場所が海の上だったせいでのび太君は到着早々ブラジルの海へのダイブを決めてしまいました。

 

何故ブラジルにいくつもりが、タケコプターで移動したらブラジルまで20時間以上かかるような海の上に到着してしまったのかというと、

そもそも日本とブラジルはそんなに地球の裏側同士で国土が被っていないという事実があったりする上に、

のび太君の家が実際の海よりも3000メートルほど高い場所にあったため、このような事態になってしまったとのことです。

しかもこの道具、縦移動が出来ても横移動が全くできないらしく、時間的な事を考えればまた日本に戻るしかありません。

「地球エレベーター」という夢のある名前の割に、そこらへんのリアリティがあるせいか意外と扱いがめんどうくさく思えてしまう道具だ。

そもそも、ブラジルに到着まで42分ってそこそこ長いぞ。

どこでもドアがあれば1秒で行けるわけだし、ドラえもんは何でこんな道具買ったんだろう?

 

日本へ戻ってきたのび太君達。今度こそブラジルへ向かおうとしますが、

のび太君がくしゃみをしたせいで操作を誤り、同じブラジルはブラジルでも今度はアマゾンへ向かう羽目に。

とはいえ、到着したアマゾンで見た大自然には全員うっとり。みんなが絶景に見とれていると、草影からピューマが登場!

猛獣に襲われて必死に逃げるのび太君達でしたが、ドラえもんの出した「救命イカダ」に乗ってなんとか脱出。

キケンな目には合ったものの、アマゾン川ではお目当てのピンクイルカを見ることも出来ましたし、ピーコックバスをママへのお土産にする事も出来たので、まあ良かったのではないでしょうか。

 

そんなのび太君に、スネ夫君から「あと30分でブラジルに着く」との電話が!

若干忘れておりましたが、この「地球エレベーター」を出した本来の目的はスネ夫より先にブラジルに到着してギャフンと言わせることです。

のび太君達はスネ夫が最初に向かう場所「イグアスの滝」に先回りすることにしました。

 

その頃、スネ夫一家は一足早くブラジルの空港に到着。のび太君の目論見など何も知らずに目的地であるイグアスの滝へと向かいます。

なお、今回スネ夫一家はいつもの見栄っ張り癖により、周りにはファーストクラスと言っておきながら本当はエコノミークラスのみでブラジルまで行ったそうです。

ブラジル到着まで20時間以上、エコノミー座りっぱなしはいくらなんでもキツイと思うぞ。

足とかパンパンになりそう。

 

スネ夫君がそんな苦労までして辿り着いたイグアスの滝ですが、その場所に日本にいるはずののび太達がいたためビックリ!

のび太君がネタばらしとして自分達の乗って来た「地球エレベーター」の説明をしますが、スネ夫君も「ファーストクラスのゴージャスさとは雲泥の差だね」と気にしていないふり。

しかし、うっかり地球エレベーターの起動ボタンを押してしまったせいで、20時間以上かけてやって来たブラジルから日本まで42分で逆戻り。

日本に戻って来てしまったスネ夫君。

状況を把握するよりも先に、体のほうが気温の変化に驚いてしまったことで思わずくしゃみをしてしまうのでした。おしまい。

 

 

●ドラドラニュース●

「びっくりラッキーマンボ!」が今週から「南極カチコチ大冒険」仕様になりました。

極地探検スーツを着たドラえもんがペンギンやパオパオ(南極のすがた)と一緒にラッキーマンボを当てるぞ!

 

 

かたっぽ探知リード(アニメオリジナル)

すぐに靴下のかたっぽを失くしてしまうのび太君。のび太君は「靴下のかたっぽを失くしてもバラバラに履けばいい」と気にしていない様子。

確かにその理屈もアリかもしれないけど、実際にかたっぽずつ履いている靴下のガラが派手すぎてどうやってもダサいようにしか見えんぞ!

 

さらにのび太君が靴下どころか、手袋までかたっぽ失くしていたことに呆れたドラえもん「かたっぽ探知リード」なる道具を取り出します。

この道具のリードを手元にあるかたっぽにつけるとひとりでに動きだし、失くしてしまったほうのかたっぽを探し出してくれるという道具である。

動くかたっぽは、まるで人みたいな動きをするので見ててかわいい。

 

早速この道具で失くしてしまった手袋のかたっぽを探すことにしたのび太君。

リードをつけた手袋のかたっぽの後を付いて行きながら、先ほど自分が歩いた道を通っていき、ようやく辿り着いた場所は何故か空き地の土管の前。

不思議に思いながらも土管の中を覗くのび太君。するとその中には、のび太君が探していた手袋をくわえているのら犬の姿が!

持ち主であるのび太君が木の棒を使ってのら犬の気を逸らしたことで、もうかたっぽの方の手袋を無事救出。

のび太君の手ぶくろ同士も再会できたことで、「感動的なBGMの中でお互いに抱き合う」というドラマチックな演出が入りました。

ただ、持ち主は犬に襲われてボロボロになっていましたが。

 

ともあれ、手袋もそろってひと安心ののび太君。

するとそこへ、先ほど道端で出会っていたジャイアンが登場。「どんなかたっぽでも探せるのか?」と目の前に汚れた靴下を差し出してきました。

この汚い靴下、「ジャイアンズに勝利をもたらしてくれるゲン担ぎの靴下」らしく、今まで一度も洗っていないとのこと。

他人からすればただの使い古し靴下にしか見えませんが、ジャイアンにとっては大切な物らしいので探してあげることに。

そして行き着いた場所はジャイアンの家。しかも外にあったゴミバケツの中。

どうやらゴミと間違われて捨てられていたようです。

中にいた靴下のかたっぽをゴミバケツから救出してあげると、先程の手ぶくろと同じように再会を喜ぶ靴下たち。そして感動的なBGM。

どうも、このドラマチック演出は毎回入ってくるらしい。

 

この道具をすっかり気に入った様子ののび太君は、その後も木琴のバチや古美術の屏風のかたっぽ、神成さんのゲタなど、近所の人たちのさまざまなかたっぽを見つけることに成功。

さらにしずかちゃんにも「探してほしいかたっぽ」があるかどうか聞いてみたところ、2年前に失くしたくまのぬいぐるみを探してほしいとのご依頼が。

もともとはベンとリリーというワンセットのくまのぬいぐるみだったそうなのですが、お出かけの際にリリーの方を失くしてしまったとのことです。

なんだか、「ジャックとベティとジャニー」の回を思い出す流れである。

失くしたのが2年前ということもあり、ドラえもん(片方が存在していなかったら)その時は動かないけど・・・」と心配していましたが、無事に動き出すベン。

ということは、まだどこかにいるということですな!

 

そんなわけでベンの後を付いて行きながら、リリーがいる場所へ向かうのび太君としずかちゃんとドラえもん

このベンとリリーはしずかちゃんがまだ幼いころから大事にしていたぬいぐるみなのだそうで、

途中、水はねで汚れてしまったベンをハンカチで拭いてあげるなど、その行動からも大事にしてきた様子が伝わります。

 

そして、辿り着いた公園の砂場にてリリーちゃんを発見!

これで感動の再会が・・・・と思ったら、その傍にはリリーちゃんの事を「キャンディちゃん」と呼ぶ幼い女の子の姿が。

のび太君がその子に話を聞いてみたところ、「道でボロボロだったのをママが見つけて可哀想だから直して大事にしている」との返答が。

なるほど、この女の子がくまのぬいぐるみを拾って大事にしてくれたわけですね。

 

それを聞き、女の子に本当のことを話そうとするのび太君でしたが、

全てを察したしずかちゃんは「この子、キャンディちゃんのお友達なの。仲良くしてくれる?」とベンをその女の子にプレゼントしてしまいました。

自分が大切にするよりも、一緒に遊んでくれる女の子に渡すのがベンとリリーにとって一番幸せなことだと考えたのでしょう。ホント優しい子だ。

 

こうしてぬいぐるみの件も解決してひと安心かと思いきや、のび太君にはまだ大事な「自分が失くした靴下のかたっぽを探し出す」という重要な仕事が残っておりました。

「かたっぽ探知リード」によって、自由に動けるようになった靴下たちに囲まれて困り果てるのび太君。

やっぱり靴下はちゃんと揃えないとだめですね。おわり。

 

 

■次回予告■

次回は1月20日放送。「ピーヒョロ ロープ」「兄弟シール」の2本をお送りします。お楽しみに。

僕の心をつくってよ(初回生産限定盤)(DVD付)

僕の心をつくってよ(初回生産限定盤)(DVD付)

 
パニック・エレベーター [DVD]

パニック・エレベーター [DVD]

 
(ワンダフルインポーターズ) Wonderful Importers くま ぬいぐるみ ウェディング ベア ペア

(ワンダフルインポーターズ) Wonderful Importers くま ぬいぐるみ ウェディング ベア ペア