SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話感想。はね子、某アイドルグループのセンターを目指すの巻

 f:id:genshiohajiki:20170117011747j:plain

 

2017年1月28日(土曜日)放送の「スーパーサラリーマン左江内氏」の第3話感想に行きたいと思います。

そして現在、東京駅では「左江内氏」公式グッズが発売中です。よろしかったらどうぞ。

 

【ドラマ過去記事】

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第1話を見た感想です。

ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第2話感想。2週連続で土下座を見せるスーパーヒーロー!

 

 

【第3話あらすじ】

左江内(堤真一)は、はね子(島崎遥香)から、ルージュパンクというアイドルグループのオーディションを受けると聞かされる。
心配する左江内をよそに、「センターを奪う!」と、野望に燃える家族たち。

そんな中、左江内は、会社のCM撮影の助っ人で現場へ行くことになる。
CM
に出演するのは、ルージュパンクの不動のセンター・真中ありさ(浜辺美波)だった。
ありさは、清純で売りつつも、実は裏表のはげしい性格。左江内は、ありさにこき使われ、振り回される。

左江内ははね子がこうなってしまったら嫌だ!とオーディションを反対し出すが、

逆に、ありさにはね子をオーディションでプッシュしてほしいと円子に言われてしまう始末。
左江内は一体どうするのか?

http://www.ntv.co.jp/saenai/story/index.html

 ・オープニングコント

今週は東大と京大を受験したのに東大しか合格できなかったショックで自殺しようとする男が登場。

そんな彼とムロツヨシさん演じる小池刑事とのしょうもないやり取りに左江内氏も「さっさと飛び降りてくれた方が早く済むから」とヒーローらしからぬ発言を残しておりました。

その他にも小池刑事の出身大学名にピー音が入ったり、池杉がこの番組の真裏の時間帯で放送されているドラマの主演を務める女優さんの名前を出してきたりと今週も相変わらずのやりたい放題だった!

 

 

・ルージュパンク

今回は元AKB48島崎遥香さん演じる左江内家の長女・はね子が「ルージュパンク」なるアイドルオーディションを受けにいくお話。

とにかくはね子さんの暴言が目立っていた回。今からオーディションを受けるルージュパンクへの悪口を言っていたり、友達の付き添いと偽ってオーディションに参加したりするなど、はね子さんは完全に母親譲りの性格のようだ。

AKB辞めてまだ間もない子にアイドルの悪口を言わせる脚本を書いちゃう福田監督はやっぱりすごい。

そして左江内氏の妻・円子もルージュパンクのメンバーの写真を指差し「ブスばっかりでしょ~」と暴言を吐いたり、「クラスにいるブッサイクな友達の付き添いと偽って行きなさい」などとアドバイスしていたりと子の親にしてあの子ありって感じですなあ。

個人的に島崎さんはめちゃイケの矢部オファー企画に出演していた印象しかなかったせいで、変なイメージがついてしまった!

 

 

・風のマジカル

はね子がアイドルになるかも?というお話だったので、もしかしたら円子を演じる小泉今日子さんが「風のマジカル」を唄ってくれるんじゃないかなーと期待していたのですが、ありませんでした。残念。

実はお母さんは元アイドルだったとか言う設定にすれば、そんな展開も雑作ないのでしょうが、これだと内容が「あまちゃん」と被ってしまう。

左江内ダンスといい、今回といい、このドラマの放映があと5年早ければ大ヒット作品になってたかもしれないなあ。

 

 

・真中ありさ登場

CM撮影の助っ人として訪れた左江内氏が出会ったのは、ルージュパンクの不動のセンター・真中ありさ(演:浜辺美波でした。

一見すると清純派の印象を持ちますが、実は裏表の激しい性格であり、そんなありさに左江内氏はコキ使われてしまいます。

高校生ながら多忙を極めており、お母さんとも何だかギクシャクしているご様子。

お母さんが娘をアイドルとして率先して育てている姿はドラえもんの「ぼく、マリちゃんだよ」の回を思い出しますなあ。

さらにこのありささん。はね子がオーディションを受けているルージュパンクのセンターであり、そしてオーディション最終審査の審査員でもあったため、

審査で推してもらえるようにしろ」と妻と娘から圧力をかけられた左江内氏は、女子高生相手に土下座をする羽目に。

スーパーヒーロー姿ではなかったものの、これで3週連続の土下座である。 

主人公が毎週土下座してるドラマってのもなかなか珍しい気もするぞ。

 

 

・今週の米倉

今週は家に居づらくなった左江内氏が立ち寄ったマンガ喫茶の店員役として登場。

どうやらオタク店員を演じていたようですが、ヘンな役作りのせいで相変わらずよくわからないキャラクターになっていたぞ!

その後は左江内氏が読んでいた北斗の拳」の話題で盛り上がる2人。

一応このドラマも藤子・F・不二雄原作の作品なのに藤子作品を読まないという斬新な演出だ。いや、そこは読もうよ。

 

 

・誘拐からの事件解決

最終オーディション当日。真中ありさが誘拐されたと聞き、犯人をマネージャーの男だとすぐに見抜いた左江内氏はすぐに現場に急行。

マネージャーの男を人差し指一本で撃退した後、無事拘束されていたありささんを救い出すことに成功しました。

ありささんを背中に乗せてオーディション会場へ向かう左江内氏。

彼女も実は心の中でアイドルを辞めようかという葛藤があったようですが、左江内氏と出会ったことや誘拐されて死の危険を感じたことがきっかけで、まだアイドルとして活動していく決心を固めたようです。

とにかく、どんなに大変だろうと自分がやりたいことを素直にやっていけばいいんですよね。

 

 

・気になるオーディションの結果は?

最終オーディションまで進んでいたはね子さん。伝家の宝刀である「ブリッコ作戦」と「友達の付き添いで来た作戦」で審査に臨みましたが、

審査員の真中ありささんに「付き添いで来た子が生半可な気持ちで勤まるような仕事じゃないよ。アイドルって」と正論を返され、あえなく不合格となってしまいました。

不合格の知らせに落ち込んでいたはね子さんでしたが、付き添いで行ったクラスのブッサイクな友達は合格していたことから、「自分は美人だから落とされた」というポジティブシンキングによって何とか立ち直ることが出来ました。

自分の娘がアイドルにならなかったことにホッとした左江内氏。まだ娘をアイドルにしたがっていた妻に対し「オーディションはもういいよ。はね子は左江内家のアイドルなんだからさ」と呟くのでした。

 

 

感想は以上です。次回の第4話放送は2月4日。明日っていうかもう今日の話ですね。お楽しみに!