SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

今週発売の漫画アクションには「中年スーパーマン左江内氏」「銀と金」のドラマ特集ページ&第1話が載っています。

昨日1月5日(木曜日)発売の漫画アクションにて、今年ドラマ化される「中年スーパーマン左江内氏」「銀と金」のカラー特集ページが掲載されています。

漫画アクション No.2 2017年1/17号 [雑誌]

漫画アクション No.2 2017年1/17号 [雑誌]

 

 

f:id:genshiohajiki:20170105214041j:plain

全ページ載せるわけにはいかないのでちょっとだけ。

銀と金」はカラー特集ページのほかに、福本伸行先生とリリーフランキーさんの特別対談も載っておりますよ。

 

 

さらに!

f:id:genshiohajiki:20170105222249j:plain

ドラマ化を記念して「中年スーパーマン左江内氏」の記念すべき第1話も特別再掲!

「左江内氏」は1977年に連載が始まった作品なので、漫画アクションには約40年ぶりの第1話掲載ってことになるわけですね。なんか凄い。

 

かつて、漫画アクションは部数が低迷するたびに「ルパン三世」「じゃりン子チエ」「クレヨンしんちゃん」といった国民的な大ヒット作が現れ、部数が持ち直すという神風現象が噂されておりましたが、

2017年現在は、過去に漫画アクションで連載していた「この世界の片隅に」がアニメ映画化され大ヒット、さらに今回の「中年スーパーマン左江内氏」「銀と金」のドラマ化と好調の波が続いております。

この調子でドラマ版「左江内氏」「銀と金」の人気に火が付けば、原作本がバカ売れすることは間違いありません。

そして漫画アクション、そして出版元である双葉社の売り上げもますます左団扇になるはず!!

 

 

 

 

f:id:genshiohajiki:20170105224039p:plain

ただ、「左江内氏」の場合、新装版単行本が何故か小学館からの発売になっちゃってるんですよねえ。

これじゃ例えドラマが大ヒットして原作本がバカ売れしようが、双葉社は全く儲からない計算になります。うーん、嬉しいような悲しいような。

 

 

【おまけ】

同じ号に載っていた「若林くんが寝かせてくれない」より。

f:id:genshiohajiki:20170105224605j:plain

流血鬼かな?

 

銀と金 新装版(1) (アクションコミックス)

銀と金 新装版(1) (アクションコミックス)

 
藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)

藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)