SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

本日12月2日はドラミちゃんの誕生日です。 ドラミちゃん誕生日おめでとう!!

本日12月2日はドラえもんの妹、ドラミちゃんの誕生日です。

ドラミちゃんお誕生日おめでとう!(参考:ドラミ - Wikipedia

 

 

 新千歳空港ターミナルビル内にあるドラえもん わくわくスカイパーク」でもドラミちゃんの誕生日イベントを実施するそうなので、お楽しみに。

f:id:genshiohajiki:20161201014215p:plain

 イベント情報-ドラえもん わくわくスカイパーク | 新千歳空港ターミナルビル

 

 

さて、そんな誕生日の今日はドラミちゃんに関連した本でも紹介しておこうとおもいます。

 

f:id:genshiohajiki:20161201014433j:plain

ドラミちゃん④ えいがアララ・少年山賊団!(小学館ドラえもん絵本)

出版社:小学館

発行日:1991年3月

価格:380円(税込)

原作:藤子・F・不二雄

絵:シンエイ動画

全18頁

 

 

1991年に公開された「ドラミちゃん アララ・少年山賊団!」のえいがえほん。

これとは別にぴょんぴょん増刊名義の映画ムック本も出ていましたが、それは1年後の今日に紹介したいと思います。

あんまりやっちゃうとドラミちゃん関連のネタが無くなっちゃうからね。

 

f:id:genshiohajiki:20161201015312j:plain

中身。40分の作品を18ページ(表紙・裏表紙除くと実質16ページ)で描ききるため、「ドジな先祖を叩き直してほしい」というセワシ君のお願いの件などはカットされています。

えいがえほんは、限られたページ数の中でどのシーンを残してどのシーンをカットしているのか?というところをチェックしながら読むととても楽しいです。

この本も内容の取捨選択がかなり行われていましたが、その取捨選択の正しさとページレイアウトの妙のおかげで映画の雰囲気を損なわない仕上がりとなっていました。

 

 

f:id:genshiohajiki:20161201015903j:plain

のび太君達の先祖大集合。先祖も自分と似たような顔と性格をしているのは藤子作品あるあるのひとつ。

 

なお、この作品でのび太くんの先祖であるのび平くんは、勇気の元としてドラミちゃんからメガネを貰うことで大活躍する事となるのですが、

実際にメガネが無かった頃に近視になってしまった人は、世間的にもこんな感じで弱虫・役立たず扱いされていたのかと想像すると恐ろしくなってくる。

実際、のび平くんも実は勇敢な少年なのに近視のせいで意気地がなくなっていた・・・という設定になっていました。

自分も目が悪い方なので、こうしてメガネのある時代に生まれてきて本当によかった。

 

「アララ・少年山賊団!」は内容自体も面白く「映画ドラミちゃん」シリーズの中では個人的に一番好きな作品だったりするのですが、

この作品の裏テーマとして、全国の近視の子供たちにメガネのありがたみをわからせるメガネ映画であるとも言えるでしょう。

自分はそう思いました。ええ。

 

 

f:id:genshiohajiki:20161201021733j:plain

【おまけ】裏表紙にあった「ドラミちゃん」の既刊案内。

 

 

 

追伸:そういえば今日は金曜日ですが、本日放送の「ドラえもん」でドラミちゃんの誕生日には触れるのでしょうか?

[卯三郎こけし]ドラミちゃん こけし

[卯三郎こけし]ドラミちゃん こけし