SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

古書店で購入した「キテレツ大百科」の本に残されていた謎の痕跡のお話

今日もキテレツ大百科のお話です。

f:id:genshiohajiki:20160708022046j:plain

 

上の画像のキテレツ大百科アッとおどろくからくり道具大図解は1990年にコロタン文庫から発売された一冊で、

原作のあらすじやTVアニメの設定資料、アニメソングの歌詞集までついている他、

少し前にネット上でキテレツ大百科のセリフ差し替え比較が話題になった際に出ていた「鈴木伸一先生作画のキテレツ大百科の漫画」もこの本に掲載されています。

f:id:genshiohajiki:20160708022347j:plain

『奇天烈大百科』のひみつ まんが/鈴木伸一

 

Amazonでは結構なプレミア価格のついているこの本。

古書店で偶然500円という値段で売られているのを見つけ、無事買えたまでは運がよかったのですが、

家に帰って改めて読んでみたところで、この本の前の持ち主が書いたと思われる落書きの存在に気づいてしまいました。

 

 

それがこちら。

f:id:genshiohajiki:20160708023549j:plain

コロ助の身長・体重の覧を赤線で囲んだ上に「?!」の文字がついている。

前の持ち主の人はこのデータのどこに驚きや不満を感じたのだろうか?

貴重な本にわざわざその感情の旨を書き込んでしまうくらいなのだから、きっとよほどの衝撃を受けたと想像する。

こういう痕跡から前の持ち主のことを想像したりするのは、意外と楽しい。

それにしても、コロ助の体重がわずか10キロってのはすごいな。お米と同じくらいの重さだ。

 

今日は以上です。