SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

続・クレーンゲームドラえもん

f:id:genshiohajiki:20160508032328p:plain

富山県高岡市のゲームセンターで見つけたドラえもん

「ぼくの映画も公開されるョ!」と優しい口調でさりげなく自らの映画を宣伝しています。

いつ頃映画が公開されるのか迷わないよう、しっかりと映画の公開日も書いてあるところにも優しさを感じました。

 

 

ところで、このドラえもんを見つけた「ゲームスポット207」というゲームセンターは、

同じく富山県が舞台の人気アニメ作品・「ゆるゆり さん☆ハイ!」にも登場しているらしく、店内にも聖地巡礼をアピールする展示が数多くありました。

ゆるゆりさんハイ!に登場しました♪ | 富山のアミューズメントパークイベント情報が満載!|ドリームアイランド

 

実際、「ゆるゆり 聖地 高岡市」で画像検索すると高岡市駅前文苑堂書店など、この前の富山旅行でも訪れた場所の画像もちらほら出てきます。

自分の知っている場所がアニメ絵になっているのは何だか見ていておもしろいです。

 

 

しかし、ご存知の通り富山県高岡市藤子・F・不二雄先生の故郷であるので

町中はドラえもんを始めとする藤子Fキャラ達で埋まっており、「ゆるゆり」を推している商店はあまり見かけません。

流石のなもり先生でも藤子・F・不二雄先生には勝てません。残念です。

 

ですが、仮に藤子・F・不二雄先生が高岡市以外の場所で産まれていた場合

「true tears」で若い観光客の増えた城端市を参考にして、確実に高岡市は「ゆるゆり」を推すようになっていたでしょうし、

高岡駅前にあるドラえもんの銅像も、もしかしたらゆるゆりの銅像になっていたかもしれません。

f:id:genshiohajiki:20160508043048j:plain

高岡駅前・ドラえもんの銅像

 

 

そんな平行世界の事をいろいろと想像してみる今日この頃です。おしまい。

ゆるゆり コミック 1-13巻セット (IDコミックス 百合姫コミックス)

ゆるゆり コミック 1-13巻セット (IDコミックス 百合姫コミックス)