SHIINBLOG

原子おはじき

あさおきて ひるねして よるねた(※藤子不二雄関連の話題をいろいろ書いているブログです)

ドラえもん感想(空飛ぶうす手のじゅうたん&うわさをサキ鳥)

2016年4月29日放送分 ネタバレ注意! 

空飛ぶうす手のじゅうたん(コミックス29巻収録)

のび太君が部屋で見つけた謎の布生地。

実はこの布、「空飛ぶうす手じゅうたん」という立派なひみつ道具であり、

「飛ぶ」「上がる」「浮かぶ」といったキーワードに反応して空を飛ぶという特徴を持っています。

一見楽しそうな道具ですが、この道具には空を飛んでいる間は全くコントロールが効かないという欠点があり、そのために未来の世界では発売中止になった道具だったわけであります。

のび太君の部屋にあったのも、未来デパートに返品するために置いてあったわけですね。

 

しかし、そんな事など知る由もないのび太君。

その空飛ぶうす手じゅうたんを普通の洋服生地だと勘違いしてしまい、自分のお洋服を作ってみたいしずかちゃん座布団カバーを作りたいのび太のママその布を配ってしまいました。

そしてのび太君自身も空飛ぶうす手じゅうたんでマントを製作。

自分の脳内で作ったヒーロー・ビタマンになりきって飛べ!ビタマンと叫んだ瞬間に空に浮きあがってしまい大暴走。

物音で部屋の異変に気付いたドラえもんによって、何とか助かることが出来たと同時に、この道具の恐ろしい欠陥を知ることとなりました。

さらに同じ頃、のび太君の家に訪れた来客の「面白い話があると聞いて飛んできた」というキーワードに座布団カバーが反応。のび太君のママと一緒に座布団ごと部屋を飛び回っていました。

 

で、問題は空飛ぶうす手じゅうたんで洋服を作ってしまったしずかちゃんの方。

もしもしずかちゃんの前で「飛ぶ」「上がる」「浮かぶ」なんてNGワードを言った日には電柱や家の屋根にゴチンゴチンぶつかりながら空を飛ぶのは確実、最悪の場合ロケットのごとく大気圏の外へ飛び出してそのまま・・・なんて可能性もあります。

 

服の製作をやめさせないとしずかちゃんの命に関わります。

急いでしずかちゃんの家に向かうドラえもんのび太君でしたが時すでに遅し。もうしずかちゃんはワンピースを作ってしまっていました。服の裁縫早すぎだよ!

あと、空飛ぶうす手じゅうたんは曲がりなりにも「じゅうたん」なのでこれで服を作ると柄がまったく似合っていない。おばあちゃんが着てる服みたいだ。

しかし、しずかちゃんはこのワンピースを気に入っているようでとても「服を脱いでくれ」なんて言えない雰囲気です。

 

というわけで、ドラえもんのび太君はしずかちゃんの近くに張り込んで、しずかちゃんの前で「飛ぶ」「上がる」「浮かぶ」というNGワードが出てこないよう監視をする事となりました。

 

ちなみに原作及び大山のぶ代ドラえもん*1ではドラえもんのうた」の歌詞このお話のオチと深い関わりを持っているのですが、

当然、現在のドラえもんではそのオープニングテーマは使われていません。

このお話、どうやってオチをつけるんだろう?

 

それにしても、日常の会話でその3つの単語が飛び出すことってそんなにあるか?と思っていたら、示し合わせたかのようにその3単語がまあ出るわ出るわ。

まるでマンガみたいです。

 

公園の池で新しいヨットのおもちゃを浮かべようとしていたスネ夫

図書館で世界初の動力飛行機で空を飛んだライト兄弟の伝記を借りてきた出木杉くん、

しずかちゃんの成績が上がったことを褒める学校の先生など、やたら上昇志向の強い人たちばかりと遭遇します。

 

もちろんその度に、ドラえもんのび太君がNGワードを発言しそうになった者の口を塞いだり声を上げて会話を遮ったりすることで何とかしずかちゃんの浮上を阻止しています。

その甲斐もあってか空模様も怪しくなり、「雨が降ったらせっかくの洋服が台無しになるよ」と理由をつけることで、しずかちゃんをようやく自宅に向かわせることが出来ました。

 

これで安心・・・かと思ったら、何故か住宅地に演歌歌手・鳥辺(とべ)一郎の宣伝トラックが入り込んできました。

トラックの進む方向はしずかちゃんのいる方向、さらにスピーカーで「とべ、とべ、とべ、とべ、鳥辺一郎!」と大音量で歌手の名前を連呼しています。これはまずい!

急いでしずかちゃんを脇の路地へと向かわせるドラえもんのび太

しかし逃げ込んだ先でも、パン屋さん「ウキウキベーカリー」の移動トラックが来襲! またもやしずかちゃんを連れて「飛ぶ」等の発言のない場所を求めて逃亡します。

 

しかし、辿り着いた先の商店街も

サラダ油の店頭販売で電気フライヤーを使って天ぷらを揚げる店員、

水泳教室で浮き輪を貸し出すスポーツジムのお姉さん、

トビウオを売る鮮魚店の主人、

アゲアゲな気分でとんでもないことを言って浮いちゃうかもしれないッス」と発言する若者などが多数現れる危険地帯!

ここでもドラえもん町内の評判を犠牲にして奇声を上げることでしずかちゃんの耳にNGワードが入ってこないよう、うまく回避しています。

 

ただ、空飛ぶうす手じゅうたんがNGワードを感知してしまったら飛ぶというシステムになっているのでドラえもんが街中で奇声を上げても特に効果は無いような気もします。

どこでもドア使えばいいのに。

 

そんなことをしているうちに、先ほどの鳥辺(とべ)一郎の宣伝トラックウキウキベーカリー」の移動トラック同じ道を同時に向かい合わせでやってくるという今日一番のピンチがやってきました。

このままでは両方のトラックのNGワード宣伝がぶつかり合って、しずかちゃんが大気圏の外までぶっ飛んでいくことは確実です。

もはや万事休すか?と思わせておいて、ドラえもんのび太君が互いのトラックの前で通行止めアピールをすることでまたもや危機的状況を回避しました。

これで安心、としずかちゃんの元へと戻る2人。

ところが先ほどまでしずかちゃんがいた場所にしずかちゃんの姿がありません。

まさかしずかちゃん、NGワードをうっかり聞いて大気圏の外へ・・・!?

 

 

しずかちゃんは家に帰ってました。

まあ、あんなことに付き合っていられませんわな。

お勉強の前にお風呂に入ろうとするしずかちゃん。そして家に帰ったからといっても油断できないと家の外で張り込み続けるドラえもんのび太

すると、家の外からしずかちゃんの歌声で何だか聞き覚えのある曲が聞こえてきました。

しずか「〽こころの中 いつもいつも えがいてる~♪」

 

おっ、この歌詞は「夢をかなえてドラえもんだ。最近通常放送でちっとも流れないけど間違いない。

えーっと確かこの後の歌詞は・・・・この歌はまずい!

外で張り込んでいたドラえもんのび太その後の歌詞に気付き、急いで家の中に入りましたがもう遅い。

しずかちゃんが「〽空を飛んで 時間を越えて♪」と歌った瞬間にワンピースが空へと急浮上!

しかし、しずかちゃんはお風呂に入ろうと服を脱いでいた最中だったので飛んで行ったのは服だけ。しずかちゃんは下着姿を全国ネットに晒した程度の被害で済みました。

駆け付けたドラえもんのび太君もうっかりしずかちゃんの下着姿を見てしまい殴られるという被害を受けましたが、

しずかちゃんが無事だったことに2人とも安心そうな顔をしています。よかったよかった。

 

 「夢をかなえてドラえもん」の歌詞はこの話の事も考えて作ったのかと思ってしまった回。

もしも、今のドラえもんのOPが未だにハグしちゃおだった場合、歌詞に「飛ぶ」「上がる」「浮かぶ」が入っていないのでこのお話のオチは成立しなくなる。

その事を見据えた上で「夢をかなえてドラえもん」を作ったのだとしたら、この数年越しの伏線にもう震えるしかありません。

あと、しずかちゃんの歌う「夢をかなえてドラえもんが素晴らしかったので、いつかフルコーラスバージョンも出してほしいとも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

うわさをサキ鳥(アニメオリジナル)

芸能界から町内までの様々なうわさ話で盛り上がる一同。

のび太君も「青果店の茂手内(もてない)さんが38回目のお見合いをした」というママから聞いた情報を入れ込みますが、

実はその情報はもう古く、逆に茂手内さんは先月39回目のお見合いをしたとの情報を教えてもらうハメとなり、スネ夫から「情報が古いんだよ、のび太君」と笑われてしまいます。

 

スネ夫は持ち前のコミュニケーション能力の高さで近所の主婦から得た情報パパの友達のテレビ局の偉い人から得た情報、さらには自分でもインターネット、ハム無線などを駆使して最新の噂情報を集めており、

多数の情報入手ルートを持っているスネ夫に勝てる訳が無いとのび太君はぐずっています。

 

そんなのび太君にドラえもん「サキ鳥」というひみつ道具を出してくれました。

3匹の鳥が1セットとなったこの道具。外を飛び回って面白そうな情報をいろいろ集めてきてくれるという便利な道具です。

その情報も「明日、近所のお肉屋さんでブタ肉100グラム50円」というしょうもない情報から「剛田商店に人気アイドルの伊藤つばさちゃん来店」というビッグニュースまで多種多様。

 

さっそく後者の情報で剛田商店に駆け付けたドラえもんのび太は、

「撮影で使うためのイメージにぴったりのハタキが無かった」との理由でハタキを買うつばさちゃんと

つばさちゃんの来店で体を緊張でガチガチにしながら接客をするジャイアンという2つの珍しいものを見られたどころか、つばさちゃんのサインまで貰えてしまいました。

情報を先取りするといろいろ得をします。

 

そしてスネ夫を見返すため、サキ鳥で仕入れた情報を元に空き地でうわさ話を語るのび太君。

「新しい服を買ったらお隣のお父さんの服と被ってしまった」というどうでもいいようなうわさ話で盛り上がるしずかちゃんを始めとする女性モブキャラ一同!

偶然通りがかったスネ夫も、のび太君がうわさ話で人気を集めている事に当然嫉妬。

すかさず「茂手内さんは先週40回目のお見合いに失敗した」と得意の茂手内さん情報で巻き返しを図ろうとしますが、

のび太君から「失敗したと思ってたけど昨日電話があってデートのお誘いがあった」とまさかの茂手内さん情報返し。

茂手内さんの情報でのび太に後れを取ったことに発狂したスネ夫は「こんなのはウソだ」とのび太君の情報をデマだと決めつけます。

するとのび太君。それなら情報を確かめにいこうじゃないかと直接茂手内さんが働いている青果店へ真相を聞きに行くこととなりました。

店先で働いていた茂手内さんを直撃すると、あっさり事実を認めてくれた上に「口下手だけど実直なところがいいって言ってくれたんだ」と電話の内容まで教えてくれました。

茂手内さん、名前はヒドいけどいい人である。みんなが茂手内さんの情報知りたがるわけだ。

ちなみに茂手内さんが働いていた店の名前は中村青果店。茂手内さんはバイトのようだ。

 

このスクープによって町内うわさ話キングの座は完全にスネ夫からのび太くんのものに。

その名に恥じぬよう、のび太君は昼夜を問わずサキ鳥が持ってきた町中のうわさ話を収集。

なんてったって、あののび太君が夜も寝ないで情報を収集している時点でかなりの情熱を持っているということがわかります。

そして忘れないように「無念!カズキ君、弟と同じ漫画を購入!」「サイダーに新しくナスビ味登場」という需要のよくわからない情報をノートにメモ。

やっていることはネットニュースのまとめブログ管理人と変わりません。

 

そして情報を集めすぎた結果、ジャイアンのこづかいが来月から20円上がることというプライベートな情報や、

無意識のうちにしずかちゃんが楽しみにしているドラマの裏事情を話してしまうなど、だんだんと友人関係に齟齬が生じてきました。

一方でうわさ話キングの座から陥落したスネ夫のび太君のうわさ話の情報源を探すべく、のび太君を尾行していました。

 

そんな中、のび太君が「茂手内さん、初デートは水族館に決定!」という情報をキャッチ!

ドラえもんの「サキ鳥使いすぎだよ!」という注意も聞かずにいつもの空き地へと飛び出していきました。

未来の世界では、大量のサキ鳥が空を飛び回り続けているのだろうか?こんな個人情報が筒抜けの未来の世界には住みたくない。

そして、この一連のくだりでのび太君のうわさ話の情報源を知ったスネ夫は、偶然戻ってきたサキ鳥を1匹捕獲。家に持ち帰ってしまいます。

 

その頃、空き地で近所のみんなを集めて先ほど入手した茂手内さん情報を喋りまくっていたところ、その一部始終を茂手内さんの彼女・花子さんが聞いてしまっていたからさあ大変。

2人しか知らないはずの情報を知らない子供に勝手に言いふらされた茂手内さんの彼女は「全て茂手内さんが喋った」と勘違い。

「私、おしゃべりな人、嫌い!」と茂手内さんにデートの破談を言いつけてしまいました。

しかも、茂手内さんが花子さんを引き留めようとしてセーターの袖を破いてしまうというおまけつきです。

セーターの袖とともに茂手内さんの恋も破けてしまいました。

 

自分のうわさ話のせいで茂手内さんを不幸にしてしまったと落ち込むのび太君。

あれほど熱心だったうわさ話集めもやめてしまい、

のび太の家からパクったサキ鳥のおかげで再びうわさ話キングの座を手に入れたスネ夫や、

残り2羽のサキ鳥からはのび太君のせいで茂手内さんはご飯も喉を通らなくなるくらい落ち込んでいる」「茂手内さんのお見合い相手・花子さんは会社では怖いと評判。作れる料理は目玉焼きだけ」と聞きたくない情報ばかり入ってきます。

罪悪感でいっぱいになったのび太君は茂手内さんに謝ることを決意。

「この道具を出した僕にも責任がある」とドラえもんも付き添う事となりました。

 

店の前で茂手内さんに謝罪をするのび太ドラえもんでしたが、花子さんへの未練を捨てきれない茂手内さんは「謝られてももう遅いよ」と元気がありません。

そこでのび太ドラえもん「花子さんは会社では怖いと評判らしいですよ」「料理も目玉焼きしか作れないらしい」と先ほど手に入れた花子さんの悪い噂を暴露。

花子さんのダメな部分を知ってもらうことで、未練を断ち切ってもらおうという2人のせめてもの気遣いでした。

 

しかし、茂手内さんはその発言に「そんなの直接本人に聞かないと分からないだろ!」と大激怒!

「会社で怖いのは仕事に真面目だからかもしれない!」「料理だって忙しくてやる暇がないだけかもしれないじゃないか!」と普段の温厚そうなイメージからは想像もできないくらいの怒りようです。

しかし怒られてしょんぼりするのび太君たちを見て我を取り戻したのか、「あんないい人いないよ・・・」と苦しい心のうちを明かしてしまいました。

 

そんな茂手内さんの姿を見ていた人がドラえもんのび太の他にもうひとり。

そう、お見合い相手の花子さんです。

茂手内さんの自分に対する心の底からの本音を聞き、改めて彼のことを惚れ直したようです。

先日の言動を謝るとともに、改めて水族館デートを約束。

茂手内さんも、花子さんの「わたしお魚大好き」という言葉にうっかり自分も「僕も花子さん大好き」と喋ってしまい顔を赤くする姿が素晴らしいです。

 

この様子を見ていたドラえもん

のび太君に「これもみんなに報告する?」意地悪な質問をぶつけますが、のび太君は「ううん、やめとくよ。」と一言のみ。

こうして、のび太君のうわさ話が招いた大騒動も無事丸く収まりました。

 

で、うわさ話キングスネ夫君はというと、未だにサキ鳥からのうわさ話を収集中。

待ちくたびれるくらい待って、ようやく戻ってきたサキ鳥に「みんなが腰を抜かすほどの情報じゃないと許さないぞ!」と怒ったところ、

サキ鳥から「トップシークレット!」との鳴き声?のあとに、そのトップシークレットの情報がスネ夫に伝達。

残念ながらその情報の内容はわかりませんでしたが、その情報を聞いたスネ夫君の顔がみるみるうちに恐怖で歪んでいったのを見る限り多分相当な情報を掴んでしまったのだと思われます。

 

そして帰宅途中のドラえもんのび太の元へ先ほどまでスネ夫の家にいたはずのサキ鳥が帰還。

そのサキ鳥からスネ夫が大号泣!助けてくださいと涙の謝罪!」という意味深な情報が寄せられます。

ドラえもんのび太スネ夫が大号泣って?と頭をひねっていたところ、なんと空のかなたから超大型円盤が襲来。

円盤によって拉致されたスネ夫がその中で見たものとは・・・なんと大量のカナタ星人の姿が!しかも何故か全員怒っている!

 

母星語でキレまくるカナタ星人の前で「誰にも言いません!」と泣きながら謝り続けるスネ夫・・・。

そんなUFOの様子を見ながらスネ夫は何を知っちゃったんだろう」のび太

そして、「知らないほうがいい情報もあるってことだよ」と震えながら語るドラえもんなのでありました。終わり。

 

 

情報化社会の弊害でネットニュースや週刊誌の情報に依存し続ける現代人への警鐘のような話なのかと思ってたら、最後のカナタ星人登場でよくわからなくなった。

このアニメのスタッフはカナタ星のハルバルさんを酷使しすぎではないか?

それにしても茂手内さんはいい人だった。

茂手内さんって藤子作品でも何人かいたような気がしますが、大抵いい人ばっかりの印象がある。

しかも今回の茂手内さんを演じたのは、エスパー魔美で高畑さん役を演じていた柴本浩行さんだったのでイメージ的にもピッタリのキャスティングですね。

やたら人のうわさ話を知りたがったりする人にぜひ見て貰いたい一本であった。

あと、本編では「サキ鳥」表記だったのにエンドクレジットのところだけ表記が「さきドリ」だったのは何故なんだ?

 

 

●ドラドラニュース●

今週のEDは久しぶりのウンタカダンス(1番)!

GW特別企画として、みんなが送ってくれたウンタカダンス動画を紹介していました。

去年くらいから募集してたけどちっとも続報が無かったから自然消滅したのかと思ってた

 

 

☆次回予告☆

次回も1週間後の5月6日放送。

「友だちは大きなイルカ?」「夢はしご」の2本をお送りします。

次回予告を見る限りでは、のび太君が言うところの「友達の大きなイルカ」がシャチにしか見えなかったんですがニィ。

 

藤子・F・不二雄生誕80周年 ドラえもん 歌の大全集

藤子・F・不二雄生誕80周年 ドラえもん 歌の大全集

 
ウンタカダンス(DVD付)

ウンタカダンス(DVD付)

 

 

*1:1983年放映「空とぶドレス」